文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

救急車、車列の陰から出てきた女児はねる…女児と急病人は別の救急車で搬送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 さいたま市は2日、大宮消防署大成出張所の救急車が1日の緊急走行中に小学校低学年の女児をはねる事故を起こしたと発表した。女児は別の救急車で搬送され、頭の骨を折る重傷。命に別条はないという。同署は「救急隊が市民を負傷させてしまい申し訳ない。再発防止に努める」としている。

救急車、車列の陰から出てきた女児はねる…女児と急病人は別の救急車で搬送

埼玉県警

 発表によると、救急車は1日午後3時40分頃、119番を受けて急病人の元にサイレンを鳴らして走行中、同市大宮区上小町の市道で、対向車線の車列の陰から出てきた女児をはねた。ブレーキをかけたが間に合わなかったという。急病人の元には別の救急車が出動し、到着が6分遅れた。病状への影響はなかったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事