文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

 かわいがってきた犬や猫と最期まで一緒に暮らしたい――。そんな願いをかなえてくれる全国的にも珍しい特別養護老人ホームが、神奈川県横須賀市の「さくらの里 山科」。そこで起きた人とペットの心温まるエピソードを、施設長の若山三千彦さんがつづります。

医療・健康・介護のコラム

入居者、近隣の子ども、仲間の犬たちからも慕われた被災犬「むっちゃん」…数奇な運命たどり、皆の心の中で今も生き続ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

酸素ルームで元気を取り戻し、1年近く頑張ったが…

id=20220302-027-OYTEI50007,rev=2,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

ドッグランを元気に走り回っていた「むっちゃん」

 獣医師さんの診断は、クッシング症候群のために呼吸が荒くなり、心臓に負担がかかっているというものでした。人間なら、在宅酸素治療が必要な状態だそうです。そこで犬用の酸素ルームをレンタルしました。透明なビニールシートで覆ったケージに酸素を送り込んで酸素濃度を高めるもので、毎日一定の時間を過ごすことにより、むっちゃんは元気を取り戻しました。

 そして、体調が悪くても、その穏やかで優しい性格は変わりませんでした。文福たちの良きリーダーであり、入居者や職員の癒やしであり続けました。この時期、私には忘れ得ぬ思い出があります。むっちゃんが暮らしているユニット(区画)のリビングを私が訪れた時、調子が悪くて、酸素ルームの中で寝ていたのに、わざわざ出てきて、ほほ笑みかけてくれたように映ったのです。むっちゃんを抱きしめて感じたあの時の温もりは、今でも私の手に残っています。

id=20220302-027-OYTEI50008,rev=2,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

ホームのリビングにある「むっちゃん」の遺影

 むっちゃんは酸素ルームを使いながら、1年近くも頑張ってくれました。そして、2014年5月、眠るように安らかに、虹の橋へと旅立っていきました。

 福島県楢葉町で11年間幸せに暮らした後(年数は推定)、原発事故後に取り残され、死にひんします。「犬猫みなしご救援隊」に救い出され、栃木県那須塩原市内のシェルターで1年間暮らし、動物愛護団体「ちばわん」の紹介で、「さくらの里山科」にやって来ました。入居者や仲間の犬たちに囲まれて、最期の2年間を穏やかに過ごしました。人間により死の淵に追い詰められたむっちゃんは、人間の善意のリレーに救われたのです。この数奇な運命を、「むっちゃんの幸せ」という番組としてNHKが以前、放送しました。番組には飼い主さんも登場しています。むっちゃんが生きているうちに会えなかったのはさぞ残念だったことでしょう。

 むっちゃんの数奇な運命は、人間とペットの関係について深く考えさせてくれます。

 遺影は今でも、リビングに飾ってあります。むっちゃんのことを知る入居者の方は少なくなりましたが、職員は今でも遺影に話しかけています。皆の心の中でむっちゃんは生き続けているのです。

 (若山三千彦 特別養護老人ホーム「さくらの里山科」施設長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事