文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

医療・健康・介護のコラム

入居者、近隣の子ども、仲間の犬たちからも慕われた被災犬「むっちゃん」…数奇な運命たどり、皆の心の中で今も生き続ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
入居者、近隣の子ども、仲間の犬たちからも慕われた被災犬「むっちゃん」…数奇な運命たどり、皆の心の中で今も生き続ける

優しいまなざしと穏やかな性格の「むっちゃん」に入居者も職員も癒やされた

 2011年3月、福島原発事故の避難区域に取り残された被災犬の「むっちゃん」は、「犬猫みなしご救援隊」に救出され、同団体の運営する栃木県那須塩原市内のシェルターで1年近く過ごした後、動物愛護団体「ちばわん」の紹介で、2012年5月に、ペットと暮らせる特別養護老人ホーム「さくらの里山科」にやって来ました。ここからは、前回のお話の続きです。

 当時、「さくらの里山科」は開設して1か月。まだ、入居者と同伴入居した愛犬はいませんでした。いたのは、保健所からやってきた保護犬の 文福(ぶんぷく) と大喜だけ。むっちゃんは推定10~12歳。文福と大喜は同2~3歳でした。むっちゃんは、年上だったことに加え、穏やかで面倒見のよい性格だったので、すぐに文福と大喜から慕われるようになり、自然とリーダー犬、あるいは長老犬のような存在になりました。翌年には、飼い主の独居高齢者が突然亡くなり、自宅に取り残されていたジローと、保護犬のアラシが入居してきましたが、次々と増えていく後輩犬たちを歓迎し、優しく見守ってくれました。

 人懐っこいむっちゃんは、入居者にも職員にも大人気でした。体重20キロ・グラム。大型犬ではありませんが、けっこう大柄な犬です。真っ白で、もふもふした毛に覆われた大柄の体を抱きしめると、最高に幸せな気持ちになれました。入居者も職員も一緒に過ごすことで癒やされていました。私も、抱きしめた時の感触や、優しいまなざしを、死んで8年たった今でも、はっきりと覚えています。

 また、散歩に出かけると、近隣の子どもたちからも人気でした。触られても絶対に怒らず、穏やかになめるので、みんな大喜びしていました。その結果、何と、子どもたちが、ホームのむっちゃんに会いに来るようになったのです。近隣の子どもたちが普段から遊びに来る特別養護老人ホームというのは極めて珍しいと思います。遊びに来てくれたのは、残念ながら、むっちゃんがいた時だけですが。まさに、むっちゃんの素晴らしい人徳、いえ「犬徳」のなせる技だったのです。

 ホームにやって来た時、むっちゃんは、既に中型犬の平均寿命を超えつつある、かなりな高齢犬であり、クッシング症候群という病気も患っていましたが、まだまだ元気でした。文福たちと一緒に、ホームのドッグランを走り回ることもできました。

 しかし高齢と持病のため、段々、足腰が衰えていきました。あるいは、もしかしたら、福島原発事故の避難区域に取り残された2か月間のサバイバル生活の影響もあったのかもしれません。ホームに来て1年以上がたった2013年6月、とうとう立てなくなってしまいました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事