文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

介護のキホン

医療・健康・介護のコラム

「介護保険外サービス」って何?…通院付き添い、訪問理美容、食事の宅配も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「介護保険外サービス」って何?…通院付き添い、訪問理美容、食事の宅配も

 住み慣れた自宅で暮らし続けるための選択肢に、「介護保険外サービス」の利用があります。自己負担が原則1割で済む介護保険のサービスと違い、利用料をすべて負担しなければなりませんが、幅広いニーズに対応できる利点があり、「自分らしい生活」へのサポートを期待できます。介護を担う家族の負担軽減につながることもあります。

 保険外サービスの主なメリットは、様々な制約のある介護保険サービスと比べて使い勝手がよい点です。

 例えば、介護保険の「訪問介護」。ヘルパーが定期的に訪れ、日常生活に必要な買い物や利用者の食事の準備をしてくれますが、何でも依頼できるわけではありません。

 介護保険利用者の食事と一緒に家族の分も調理してもらう、とか、ペットの散歩を依頼したい、といったケースは原則、介護保険の対象になりません。お願いしたい場合は、保険外サービスの事業者と契約することになります。

 また、介護保険は、要介護度によって原則1割の負担で受けられるサービスの限度額が決まっています。要介護度が軽いほど低く設定されているため、希望する頻度や時間数のサービス利用ができない場合があります。そんな時も、保険外サービスの検討の余地があります。上手に組み合わせれば、生活の満足度を高めることもできそうです。

 保険外サービスでは、待合室での時間も含めた病院の付き添いや、趣味の外出への同行も可能。新型コロナウイルスワクチンの接種で、かかりつけ医などへ一緒に行くといった利用も多いそうです。

 介護タクシーや、介護付きの旅行、夜間の見守り、訪問理美容、食事の宅配など様々なサービスがあります。

 保険外サービスを提供している「ニチイライフ」の広報担当者によると、「コロナ禍で都道府県をまたいだ移動がしにくくなっているため、離れて暮らす親の通院の付き添いを依頼される方が増えています」ということです。

 保険外サービスは、民間企業だけでなく、自治体やNPO法人なども提供しており、利用には事業者との契約などが必要です。介護保険のケアプラン作りを担当しているケアマネジャーに相談したり、事業者のホームページを探したりして情報を集めます。契約前の打ち合わせで、何を依頼したいのか、要望をしっかり伝える必要があります。

 利用にあたっては、注意点もあります。介護保険のサービスなら、料金やサービス内容が公的に定められていますが、保険外サービスは事業者が自由に設定しています。料金やサービス内容の確認、事業者選びがポイントです。

 家事代行や外出の付き添いなどのサービスの場合、東京や大阪など大都市圏の例で1時間当たり3000~6000円程度と、負担は軽くはありません。ただ、介護施設検索サイト「LIFULL介護」編集長で保険外サービスに詳しい小菅秀樹さんによると、「高齢者とのコミュニケーションを重視し、担当者が必要な研修を受けている事業者が増えている」といいます。

 本人や家族の困りごとにしっかり対応したサービスを提案してくれるか、利用開始後に、感想や要望を聞いてサービスの改善を図ってくれるかなども重要だそうです。

 小菅さんは「一人暮らしの親のために依頼する家族も多いと思うが、価格だけで決めるのではなく、安心感も含めてしっかり事業者選びをしてほしい」と助言します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

kaigonokihon

介護のキホン

 本人や家族が介護に直面する日はいつ訪れるかわかりません。連載「介護のキホン」では、サービス利用に役立つ知識を紹介していきます。すでに利用中の人も内容の見直しなどに活用してください。

介護のキホンの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事