文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

入国者数の上限拡大、留学生は「5千人」の別枠に…政府が水際対策の追加緩和を検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 政府は、外国人留学生の受け入れ拡大のため、新型コロナウイルスの水際対策を追加緩和する検討に入った。1日から入国者数の上限を1日当たり約5000人に拡大したが、留学生だけ別枠を設ける案が浮上している。岸田首相が3日にも表明する方向だ。

入国者数の上限拡大、留学生は「5千人」の別枠に…政府が水際対策の追加緩和を検討

首相官邸

 複数の政府関係者が明らかにした。政府はオミクロン株対策として外国人の新規入国を停止していたが、1日から観光目的以外の新規入国を再開し、留学生の入国も認めている。

 しかし、在留資格を得ながら日本に入国できていない留学生は10万人以上いるとされる。政府はこれらの留学生の早期入国には、1日からの緩和策では不十分だと判断した。別枠を設ける場合、入国予定者が約5000人の上限に達しても、留学生だけは入国を認める方向だ。留学生の入国上限は、空港検疫の対応能力などを見極めて決定する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事