文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

音楽家 宇崎竜童さん

一病息災

[音楽家 宇崎竜童さん]頭痛(4)季節の変わり目に注意 起きてしまったら「仕事に没頭」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 20歳代から続く片頭痛との付き合いの中で、気づいたことがある。一年に何回くらい起きるのか、数えてみたところ、「大体が、季節の変わり目に起きていることが分かりました。台風が近づいて直撃する前日にも、異変を感じたことがあります」。

 自分なりの対処法も身につけた。片頭痛が起きてしまった時、痛みを忘れるために心がけているのは、仕事に没頭することだ。

 コロナ禍の日々はとても不安だった。コロナ禍のせいで仕事がなくなってしまい、ずっと家にいるしかなかったためだ。

 「いつ起きるのかと、薬を抱えて、待ち構えている感じでした」

 コロナ禍の2年余り、ライブ活動は、相次いで中止や延期に追い込まれた。様々なエンターテインメントの中でも、特にライブが「悪者」にされてしまったことは、極めて残念に思っている。

 4月7日には東京国際フォーラムで、妻の阿木燿子さんプロデュースのコンサートを開く。もともと昨年4月に予定していたのが、コロナ禍の影響で直前に中止になった「リベンジ」だ。

 公演チラシの阿木さんの「ごあいさつ」にはこう書かれている。

 「宇崎は燃えている。見届けていただけたら、望外の喜びである」

 (文・田村良彦、写真・奥西義和)

音楽家 ()(ざき)(りゅう)(どう)さん(76)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

音楽家 宇崎竜童さん

最新記事