文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

酒に「レイプ・ドラッグ」混入、性被害後絶たず…泣き寝入り防ぐため毛髪鑑定活用進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 女性を飲食に誘い、飲み物に睡眠薬を混ぜて乱暴するわいせつ事件が後を絶たない。薬の影響で被害に気づかなかったり、記憶が曖昧になったりするケースも多いが、毛髪などの鑑定で薬物の検出は可能で、警察は「おかしいと思ったら相談してほしい」と呼びかけている。

目の前「真っ暗」

 「性的被害を受けているかもしれません」。東京都の30歳代女性は2020年12月、警視庁からの電話で約2年半前の事件に初めて気づかされたという。

 女性は18年4月、異業種交流会で知り合った男に誘われ、食事に出かけた。恋愛感情はなかったが、男は気さくで話が面白く、勤務先の会社にも興味を持ったからだった。

 場所は東京・銀座の和食店。仕事の話をしながら箸を進め、ビールと焼酎の水割りを数杯飲んだ。酔っている感覚はなかったが、2回目のトイレに立って席に戻った後、目の前が突然、真っ暗になった。

 翌朝、男の部屋のベッドで目を覚ました。体に違和感はなく、男に「迷惑をかけてしまった」と感じた。だが、男が20年11月、別の女性への準強制性交容疑で逮捕され、スマートフォンに残された画像などから被害が判明した。

 男はリクルート子会社の元社員の被告(31)(懲戒解雇)。同様の手口で女性9人に対する準強制性交罪などに問われ、公判が続いている。

 「意識のない間に暴行されてショックだった」。昨年12月、東京地裁の法廷で女性は涙声で訴えた。

氷山の一角

 警察庁によると、睡眠薬を悪用したわいせつ事件の摘発は20年に全国で60件あった。だが、被害に気づかなかったり、記憶が曖昧で警察への届け出をためらったりするケースもあるため、摘発は「氷山の一角」とみられている。

 性暴力目的に使われる薬物は「デート・レイプ・ドラッグ」と呼ばれている。飲酒で作用が強まり意識が混濁するだけでなく、記憶が途切れる「健忘」を引き起こすことがある。この場合、自分で歩いてホテルに入ったり、男と談笑したりする姿が防犯カメラに映っていることがあり、男との「合意の有無」が争点になりやすい。

 薬物の成分は尿や血液に残るが、数時間から1週間程度で体外に排出される。警察への相談が遅れると、検出が難しくなる。

3年後も有効

 泣き寝入りを防ぐため、各地の警察が力を入れているのが毛髪鑑定だ。

 毛髪には、髪を切らない限り、薬物の成分が数年以上残るとされる。このため以前から覚醒剤などの薬物事件で鑑定が行われてきたが、分析手法の向上により、16年頃から性犯罪での活用が進んでいる。

 東海大医学部の斉藤剛准教授(法中毒学)は数百本の髪を1センチずつに切断して薬物分布を調べ、髪が伸びる速度から摂取時期を特定している。福岡大法医学教室は、微量の薬物を検出できるよう毛髪を粉末状にして成分を調べている。

 警視庁が21年9月、20歳代女性に対する準強制性交容疑で男を再逮捕した際も、事前に毛髪鑑定を行った。17年春の事件発生から3年以上たっていたが、男が処方されていた睡眠剤の成分が女性の髪から検出されたという。

トイレで離席・「ビタミン剤」に要注意

 被害に遭わないためにはどうすれば良いのか。

 デート・レイプ・ドラッグに詳しい旭川医科大の清水恵子教授(法医学)によると、睡眠薬は、トイレで離席した際に飲み物に混入されたり、「ビタミン剤」などと称して飲まされたりするケースが多い。商談先でコーヒーに混入された例もあるという。

 身を守るには〈1〉飲み物が容器に入ったまま席を立たない〈2〉怪しいと感じたら飲み物を取りかえる〈3〉渡された錠剤は飲まない――などの防衛策が有効という。

 家族や知人が被害に遭った場合、男と会ったことを責めたりせず、しっかり寄り添うことが大切だ。

 性犯罪被害の相談電話「#8103」は都道府県警の相談窓口につながる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事