文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

武井明「思春期外来の窓から」

 揺れ動く思春期の子どもたち。そのこころの中には、どんな葛藤や悩みが渦巻いているのか――。大人たちの誰もが経験した「10代」なのに、彼らの声を受け止め、抱えている問題を理解するのは簡単ではありません。今を懸命に生きている子どもたちに寄り添い続ける精神科医・武井明さんが、世代の段差に橋をかけます。

妊娠・育児・性の悩み

中2で不登校「ゲームがすべて」と言った男子 今は家事を手伝い通院も休まず…「稼げる大人」だけが目標か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 思春期外来で出会った子どもたちの最終的な治療の目標は何だろうか、と考えることがよくあります。さまざまな症状が消失した後、社会に出て仕事に就ける大人になることなのでしょうか。今回は、そのようなことを考えさせてくれた子どもを紹介します。

自宅でオンラインのゲームに没頭

中2で不登校「ゲームがすべて」と言った男子 今は家事を手伝い通院も休まず…「稼げる大人」だけが目標か

 悠斗君(仮名)は不登校ということで、思春期外来を受診した男子中学生です。

 お父さん、お母さんとの3人家族。お父さんは非常に仕事熱心な人で、悠斗君と顔を合わせることがほとんどありません。お母さんは専業主婦で、悠斗君の行動にあれこれと口を出し、やや干渉的なところがあります。

 悠斗君は幼稚園時代から、大きな音を怖がる子でした。皮膚感覚の過敏さもあり、長袖の服を嫌がって、いつも半袖の服ばかり着ていました。

 小学校に入学してからは、おとなしくまじめで、自分から積極的に同級生に話しかけるということはありませんでした。中学校入学後から、同級生に「死ね」「学校に来るな」などとたびたび言われるようになりましたが、我慢して登校していました。

 2年生になってから、朝になると頭痛や腹痛を訴えて学校を休むようになりました。自宅ではオンラインのゲームに没頭し、昼夜逆転の生活を送るようになりました。近くの小児科を受診しましたが、体の異常はみつかりませんでした。そのため、2学期になって、小児科の紹介で思春期外来を受診しました。

「自立できない大人になってしまう」と泣く母

 初診時の悠斗君は、うつむいたまま、小声で質問に答えてくれましたが、口数は多くありません。同伴したお母さんが、これまでの経過を話してくれました。

 「悠斗が将来困ると思って、登校しなさいと毎朝強く言ってきました。このまま登校できないと勉強が遅れ、高校へも進学できません。社会に出てからも自立できない大人になってしまいます」

 と言って泣き出しました。

 2週に1回、お母さん同伴で通院してもらうことにしました。

 通院を始めて3か月がたっても、悠斗君の不登校は続きました。診察室ではほとんど話をしてくれないので、診察のたびに主治医とオセロをすることにしました。悠斗君はけっこう強くて、主治医を負かすことも時々ありました。

 同伴したお母さんは、

 「オンラインゲームばかりして困ります。電源を抜いたこともあります。それでもゲームをやめてくれません。不登校のままだと、大人になってひきこもりになるのではないかと心配です。何とか登校させなくてはと思い、お小遣いを渡したり、欲しがる物を買い与えたりして登校させようとしてきました」

 と述べていました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takei-akira_prof

武井 明(たけい・あきら)

 1960年、北海道倶知安町生まれ。旭川医科大学大学院修了。精神科医。市立旭川病院精神神経科診療部長。思春期外来を長年にわたって担当。2009年、日本箱庭療法学会河合隼雄賞受賞。著書に「子どもたちのビミョーな本音」「ビミョーな子どもたち 精神科思春期外来」(いずれも日本評論社)など。

武井明「思春期外来の窓から」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事