文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

備える終活

医療・健康・介護のコラム

おひとりさまの終活「生前契約」で安心 葬儀や部屋の片付け…NPO法人などが手続き代行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
おひとりさま「生前契約」で安心…死後の手続き代行 周囲に「終活」伝える
おひとりさま「生前契約」で安心…死後の手続き代行 周囲に「終活」伝える

 「説明会の空きはありますか」。終活に関する生前契約を扱うNPO法人・りすシステム(杉山歩代表理事)に、東京都内で一人暮らしをする70歳代の男性が慌てた様子で電話してきた。手術のため、急きょ身元保証人が必要になったという。

 杉山代表理事は、「一人暮らしの方は、入院時などの身元保証人が必要になったことをきっかけに、終活の相談に来られるケースが圧倒的に多い」と話す。

 「おひとりさま」の場合、頼れる家族や親族がいないケースが多く、本人が亡くなった後、誰に葬儀や部屋の片付けをしてもらうかが問題となる。

 そんな場合、死後の手続きなどを代行してくれるNPO法人などと「生前契約」を交わすのも選択肢だ。「生前契約を通じて法人が家族の代わりになる。死後に確実に実施してくれる状態まで用意しておけば安心」と杉山さん。

 生前契約には入院時の身元保証人や生活支援などの「生前事務」と、死んだ後の「死後事務」の2段階がある。りすシステムではこの2段階について、終末期医療の希望や葬儀の方法などを本人とやりとりしながら企画書にまとめ、必要予算を確認して契約する。標準的な契約なら100万円程度必要で、死後の希望の多さや片付ける家の広さに応じて費用が変わるという。

■「任意後見契約」も

 身近に頼れる家族のいない場合、自分が認知症になった時への備えとして、「任意後見契約」も選択肢になる。契約は公証人が作成する「公正証書」とすることが多い。

 死後事務は、弁護士や司法書士、企業などでも契約を受け付けている。ひつぎに入れてほしい写真や祭壇に飾ってほしい花といった細かい希望を聞いてくれることもある。

 ただ、自分が継承している先祖代々のお墓に入る人は注意が必要だ。自分の死後、墓の継承者がいなくなってしまう場合は、寺や霊園から断られるケースがあるという。その場合、継承者を探したり、「墓じまい」をしたりする必要がある。

 おひとりさまの場合、終活をしていることを意識的に周囲の人に伝えておくことが大切だ。駆けつけた親族らが生前契約に気付かず、契約が履行されないケースもあるという。担当のヘルパーや民生委員、勤務先などに終活をしていることを伝えておくのも手だ。(石井千絵)

「遺贈寄付」で社会貢献

おひとりさま「生前契約」で安心…死後の手続き代行 周囲に「終活」伝える

 遺産を相続させたい身内がいない場合、社会貢献活動をする団体などに寄付する「遺贈寄付」という方法がある。「日本承継寄付協会」代表理事の三浦美樹さん(41)=写真=に聞いた。

 遺贈寄付の良さは、老後に好きなだけお金を使って、死後残った分から寄付できることです。老後資金の不安感がありません。遺贈寄付する場合、遺言書で記すのが確実です。少額でも大丈夫です。

おひとりさま「生前契約」で安心…死後の手続き代行 周囲に「終活」伝える

 遺贈寄付には全財産を寄付する「包括遺贈」と、金額や不動産を指定する「特定遺贈」があります。包括遺贈では、本人の負債も寄付先が負うことになります。受け付けていない団体も多いので事前確認が必要です。また寄付額が大きくなるほど、トラブルは起きやすい傾向があります。司法書士や弁護士に相談しながら手続きを進めるのがよいでしょう。

 おひとりさまは、「遺産を残したい人がいない」と、遺言書を残さない人も多いのですが、親やきょうだい、おいやめいもいないという人は少なく、疎遠だが相続人がいる場合が少なくありません。こうした親族が集まって行う遺産分割協議は、手数料や手間がかかり、不満が残ることもあります。

 お金は元気なうちに使ってほしいのですが、残った分を応援したい団体に託すことは、満足度の高い使い道の一つです。(談)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sonaerushukatsu_logo

備える終活

 「人生100年」と言われる時代ですが、人生の締めくくりに向け、どんな準備をすればいいのか心配する人は少なくありません。「備える 終活」では、そんな悩みの解決に役立つ知識を紹介します。

備える終活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事