文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

卵豆腐の天ぷら…油脂によるエネルギー摂取が効率的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回は、低エネルギーの卵豆腐をエネルギーアップするレシピのご紹介です。揚げ出し豆腐よりも食感が滑らかで、少しかむ力が低下した方にも食べやすいメニューです。

 皆さん、「たんぱく質不足」は気にかけても、「エネルギー不足」を気にかけたことがありますか? 特に高齢の方においては「エネルギー不足」は「たんぱく質不足」と同じくらい健康にかかわるものです。高齢になると少食になるうえ、油脂を使用した料理を避ける方がいらっしゃいます。そうすると容易に「3食食べているのにエネルギー不足」という状況が起こりやすくなります。

 中年期の生活習慣病予防に油脂は避けがちですが、高齢期には少量で効率的にエネルギー源となる油脂をとり入れることも必要です。疾患によっては油脂によるエネルギー摂取が効率的な場合もあります。

 食べやすくするポイントは、揚げた後につゆをかけることで衣がしっとりとします。より食べやすくする場合はつゆに水溶き片栗粉を加えて加熱し、「あんかけ」にするとよいでしょう。

[作り方]

(1) 卵豆腐はキッチンペーパーなどで軽く水気を切る(二つに切ってもよい)。

(2) 水で溶いたてんぷら粉にくぐらせて、170度の油で揚げる。揚げあがったら、卵豆腐が崩れることを防ぐため、油切り用のキッチンペーパーなどの上で油を切りましょう。

(3) (A)の材料を鍋や電子レンジで温め、(2)の揚げた卵豆腐にかける。あればダイコンおろしをのせて出来上がり。

※かむ力、飲み込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事