文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

 読売新聞の人気連載「医療ルネサンス」の記事を読むことができます。

医療ルネサンス

中高年とランニング<4>負荷の重さ 肝臓と相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 健康診断で肝臓の数値が急に悪くなったと、受診してくるランナーがいる。

中高年とランニング<4>負荷の重さ 肝臓と相談

「走った後の飲み過ぎに注意」。玉木さん(左)から説明を受ける山方さん(徳島市で)

 肝臓専門医で自身も市民ランナーの玉木克佳さん(徳島市、大久保病院副院長)は「実は検査の直前にマラソン大会に出ていることが多い」と指摘する。

 肝機能の指標となるASTの値は、運動などで筋肉が大量に壊れたときにも上昇する。100キロを超えるウルトラマラソンのレース後には通常の20倍以上に跳ね上がったという米国の研究報告がある。「多くは一時的なもので、1週間程度休養すれば元に戻ります」

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事