文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

緊急事態宣言の要請、小池知事「国と連携して総合的に検討」…病床使用率50%に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都の小池百合子知事は28日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言の発令を政府に要請するかどうかについて、「国との連携を密に図る」と述べ、政府と協議の上で決める考えを示した。

緊急事態宣言の要請、小池知事「国と連携して総合的に検討」…病床使用率50%に迫る

小池百合子知事

 都は、都内のコロナ病床使用率が50%となった段階で、政府に宣言発令の要請を検討する方針を明らかにしている。28日の病床使用率は46・1%となり、この基準に迫っている。

 小池知事は定例記者会見で、宣言発令の要請を「専門家の意見を踏まえながら、まん延防止等重点措置の効果を見定めつつ、国とも連携して総合的に検討していく」とし、「実効性のある取り組みを展開することが必要不可欠だ」と強調した。その上で、宣言発令の考え方などを政府の基本的対処方針に明示するよう求める要望書を山際経済再生相らに提出したと明らかにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事