文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

濃厚接触者の待機期間、7日間に短縮…首相「社会経済活動とのバランス取る」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 岸田首相は28日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」対策として感染者の濃厚接触者に求める待機期間について、現在の10日間から7日間に短縮すると表明した。エッセンシャルワーカーは2回の検査を組み合わせ、5日目に解除する。首相官邸で記者団に語った。

濃厚接触者の待機期間、7日間に短縮…首相「社会経済活動とのバランス取る」

濃厚接触者の待機期間短縮を表明する岸田首相(28日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 政府は28日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」対策として、感染者の濃厚接触者に求めている自宅などでの待機期間を現行の10日間から7日間に短縮することを決め、都道府県などに通知した。社会機能の維持に欠かせない医療従事者などの「エッセンシャルワーカー」の待機解除の時期も、感染者との最後の接触後、現行の最短6日目を最短5日目とした。

 岸田首相が28日、首相官邸で後藤厚生労働相らと協議して決めた。オミクロン株の感染拡大で濃厚接触者も急増し、職場を欠勤する人が増えているため、一定の感染拡大リスクを受け入れつつ待機期間を短縮しなければ、医療機関や企業の業務継続が困難になると判断した。

 協議後、岸田首相は首相官邸で記者団に「感染拡大を防止する一方、できるだけ社会経済活動を維持するバランスを取っていく必要がある」と語った。

 待機期間が7日になれば、8日目に待機解除となる。医療従事者や公共交通機関、生活必需品製造・販売などに従事するエッセンシャルワーカーは、感染者との最後の接触から4日目と5日目に簡易な抗原定性検査キットで検査し、いずれも陰性だった場合は5日目から待機の解除を認める。

 医療従事者には、毎日の陰性確認を条件に、待機期間中の勤務を認める特例もある。

 エッセンシャルワーカーは、これまでは6日目のPCR検査か、PCRとほぼ同等の精度がある抗原定量検査が陰性の場合か、6、7日目の抗原定性検査がいずれも陰性だった場合に待機解除を認めていた。

 また、政府は日本人帰国者や外国人再入国者などに求める自宅などでの待機期間も、現在の10日間から7日間に短縮する。29日午前0時からの適用とした。

 感染者のうち無症状者の自宅などでの療養期間についても同様に、現在の10日間から7日間に短縮する。

 従来株の潜伏期間は最大14日間だが、オミクロン株は3日間の例が多いとされる。政府は今月14日、濃厚接触者の待機期間を14日間から10日間に短縮したばかりだが、専門家らはさらなる短縮を提言していた。

待機期間短縮のポイント

・濃厚接触者の待機期間を7日間に短縮

・エッセンシャルワーカーは2回の抗原検査陰性を条件に、5日目に待機解除

・日本人帰国者らの自宅などでの待機期間を7日間に短縮

・無症状者の自宅などでの療養期間も7日間に短縮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事