文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

シニアとお金

医療・健康・介護のコラム

住む家を担保に老後資金を借りる 「リバースモーゲージ」ってどんな仕組み?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「リバースモーゲージ」とは?…住む家を担保に資金調達

 自宅を担保にお金を借り、死後に売却して返済する融資の仕組みがある。「リバースモーゲージ」という、一般的に60歳以上が利用できる商品だ。所有する不動産に住みながら、必要な資金を調達することができる。

 ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)の相澤和久さんは、「子どもが独立したシニア世帯が、家をリフォームしたり、生活資金の不足分を補ったりするために、お金を工面する有効な方法だ」と説明する。

 契約者の死亡後は、契約時に同意を得た相続人が、担保の土地などを売却して返済する。相続人になる人がいない場合は、金融機関が担保となった土地などを処分することになる。

 契約の前提として、所有する土地やマンションに一定以上の資産価値が必要だ。その上で、実際の融資額は、評価額の5割程度となる。例えば、所有地の時価が約2000万円の場合、約1000万円を上限に融資を受けられるという具合だ。

 取り扱う金融機関によって仕組みに差異があるが、一般的に「リフォーム費用に充てる」など、使い道の決まった資金を借りるタイプと、用途を決めず、設定した融資枠の中から一括、または月割りで借りるタイプに分けられる。

 使い道の決まったタイプでは毎月、利払いが求められる。仮に、融資額1000万円で年利1・9%なら、利払いは月々約1万5800円。「この程度なら多くは年金でも賄える」という。

 一方、融資枠が設定されるタイプは、死後に元本と利息を一括返済する仕組みで、毎月の利払いは要らない。ただ仮に60歳で1000万円を年利3・475%で一括借り入れした場合、80歳になった時点で借金の総額が担保の評価額(2000万円)を上回り、それ以降は超過分の支払いが生じる計算になる。

 便利な金融商品ではあるが、利用する際は、「長生きも想定し、余裕のある資金計画の中で検討してほしい」と相澤さんは助言する。(野島正徳)

 「人生100年時代」といわれる中、老後の生活資金の調達方法について考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

senior_and_money_logo

シニアとお金

 「シニアとお金」では、年金や貯蓄、支出の見直しなど、長い老後を視野に入れながら賢く生活するための知識やヒントを紹介します。

シニアとお金の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事