文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

 読売新聞の人気連載「医療ルネサンス」の記事を読むことができます。

医療ルネサンス

ALSになった医師<4>聖火リレー力走 心に希望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 わずかに動く額と口を使って電動車いすを動かして、聖火をつなぐ。その姿を見せることで、被災者や病気と闘う人に勇気と希望を届けられたら――。

ALSになった医師<4>聖火リレー力走 心に希望

妻の友香利さん(左)らに見守られ、聖火ランナーとして走る太田さん(昨年6月)=武藤要撮影

 2021年6月20日、全身の筋肉が衰えていく難病「筋 萎縮いしゅく 性側索硬化症」(ALS)を患う千葉県八千代市の医師、太田守武さん(50)は、宮城県多賀城市で、東京五輪聖火リレーの走者を務めた。

 当初は、他の人に電動車いすを操作してもらう計画だった。新型コロナウイルスの影響で、五輪が1年延期されたことで、準備に余裕ができた。せっかくなら自分の力で走ってみようと考えた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事