文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

濃厚接触者、検査行わずに症状で診断可能に…厚労相が表明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 政府は24日、新型コロナウイルスの感染拡大時の外来診療について、感染者の濃厚接触者に発熱などの症状があれば、医師の判断で検査を行わずに感染の診断を可能にするなどの新たな対策を発表した。オミクロン株の急拡大を受け、自治体の判断で外来診療のあり方を見直せるようにする。

濃厚接触者、検査行わずに症状で診断可能に…厚労相が表明

後藤厚労相

 後藤厚生労働相が、記者団に「専門家らの意見も踏まえ、国としての方針を示した。自治体の自主的な判断を認めるものだ」と述べた。

 患者が急増し、医療機関の受診に時間がかかる場合は、〈1〉症状があっても重症化リスクが低い人は、抗原検査簡易キットなどを使って自分で検査した上で受診する〈2〉医療機関は、電話やオンラインなどの遠隔診療を積極的に活用する――などの対応を可能とする。自分で検査をして陽性だった場合は、受診時に再検査をすることなく、医師が確定診断できるとした。

 また、医療機関の検査の負担を軽減するため、感染者の同居家族などの濃厚接触者が発熱した場合などは、医師の判断で検査をせずに感染したと診断できるようにする。

 さらに、外来診療が 逼迫ひっぱく して受診できない場合は、症状が軽く重症化リスクが低い人は、医療機関を受診せずに自分で検査し、医師が配置されている自治体の「健康フォローアップセンター」に連絡して、自宅療養中に健康観察を受けることも認める。

 各地で検査キットが入手困難になっている現状を受け、岸田首相は24日、国がメーカーに買い取り保証をした上で、1日当たり80万回分まで供給量を引き上げるよう要請していることを明らかにした。首相官邸で記者団に語った。

 首相は、遠隔診療の推進などにも言及し、「円滑な外来受診が進むようにさらに改善する」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事