文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

 読売新聞の人気連載「医療ルネサンス」の記事を読むことができます。

医療ルネサンス

ALSになった医師<3>7年ぶりの景色 喜び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 全身の筋肉が衰えていく難病「筋 萎縮(いしゅく) 性側索硬化症」(ALS)になった千葉県八千代市の医師、太田守武さん(50)は2018年、人工呼吸器を装着し、寝たきりになった。診断から4年目だった。 理学療法士の加藤さん(左から2人目)の助言を受け、立つリハビリをする太田さん(同3人目)  ALSは、診断されてから呼吸器を装着するかどうかの決断を迫られるまでが数年。呼吸器を装着すれば、ほかの病気…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事