文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

国内で過去最多5万4581人新規感染…療養者25万超で第5波のピーク上回る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 国内の新型コロナウイルスの新規感染者は22日、全都道府県と空港検疫で初めて5万人を超えて5万4581人となり、5日連続で過去最多を更新した。東京都でも感染者が1万人を上回るなど30都府県で最多となった。自宅や病院、宿泊施設などでの療養者は25万人を超え、最多だった昨夏の第5波のピーク(約23万人)を上回った。

国内で過去最多5万4581人新規感染…療養者25万超で第5波のピーク上回る

新型コロナウイルス

 22日の東京都の新規感染者は、前日より1528人増の1万1227人。直近1週間の平均新規感染者は7145人で、前週の3倍となった。病床使用率は34・3%で、重症者は前日から1人増の12人。死者は3人だった。

 この日の新規感染者は大阪府で7375人、愛知県で3457人、神奈川県で3408人、福岡県でも2833人に上った。

 感染拡大に伴い、療養者も急増している。厚生労働省によると、22日時点の全国の療養者は前日より3万5915人増えて25万5578人となり、これまで最多だった昨年8月30日の23万1772人を上回った。都道府県別では東京都が4万8039人と最多で、次いで大阪府3万7988人、神奈川県1万6936人など。

 東京や広島、沖縄など19都県では、事前に想定していた第6波の療養者数をすでに上回っている。広島県では想定の3091人に対し、1万1210人と4倍近くに上り、沖縄でも想定(6744人)の2倍近くの1万1096人が療養中だ。

 ただ、第6波で主流の変異株「オミクロン株」は無症状や軽症者が多く、病床使用率は広島県で34%(21日)、沖縄県で61%(22日)などとなっている。重症者は22日時点で424人と、昨年8月30日(2075人)の2割にとどまる。しかし、重症者は感染者の増加から少し遅れて増える傾向にあり、各自治体は病床の確保を急いでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事