文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

大分・宮崎の震度5強、高層階で物につかまらないと歩行困難な長周期地震動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日向灘を震源として22日未明に発生し、大分、宮崎両県で震度5強を観測した地震では、九州地方などで計13人のけが人が確認された。気象庁によると、震源の深さは45キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・6と推定される。高知や熊本県でも震度5弱を記録するなど、中部地方から九州の広い範囲で揺れが観測された。津波はなかった。

大分・宮崎の震度5強、高層階で物につかまらないと歩行困難な長周期地震動

大きな揺れで倒壊した住宅の門(22日午前8時46分、大分市で)=中司雅信撮影

 同庁によると、地震が発生したのは22日午前1時8分頃。大分市と大分県佐伯市、竹田市、宮崎県延岡市、高千穂町で震度5強を観測した。

id=20220122-249-OYT1I50064,rev=6,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

 各地の消防などによると、大分県で6人、宮崎県で4人、熊本、佐賀、山口県で各1人の計13人のけが人が確認されている。大分市内では3人が重傷で、80歳代の女性が転んで腰を打って骨折の疑いがあり、80歳代の男性が腰や左脇腹を打った。

 22日未明に記者会見した気象庁の束田進也・地震津波監視課長は「今後2、3日は規模の大きな地震が発生することが多くある。1週間程度は最大震度5強程度の地震に注意が必要だ」と警戒を呼びかけた。

 今回の地震は、南海トラフ地震の想定震源域内で発生した。規模は、専門家らによる検討会を開く基準(M6・8)未満だったが、同庁は周辺地域での地震活動の監視を強化している。

 この地震では、震源から遠く離れた地域でもビルの高層階が大きく揺れる「長周期地震動」が起きた。熊本、大分、宮崎県内で、4段階中2番目に弱い「階級2」(物につかまらないと歩くのが困難)が観測された。

id=20220122-249-OYT1I50062,rev=8,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

地震で倒れた石灯籠(22日午前8時9分、大分市の春日神社で)

 地震の影響で、大分県を中心に一時、約7万5600戸が停電したが、22日午前3時41分までに復旧した。

 原子力規制庁によると、運転中の四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)や、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)で異常は確認されていないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事