文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

「復縁聞き入れてもらえず、憎しみに変わった」元妻を刺殺…殺人罪で起訴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 兵庫県尼崎市のマンション敷地内で昨年10月、住人の女性が刺殺された事件で、地検は21日、元夫の西宮市甲子園八番町、無職森本恭平容疑者(33)を殺人罪などで起訴した。地検は約2か月半、森本容疑者を鑑定留置し、刑事責任能力を問えると判断した。

「復縁聞き入れてもらえず、憎しみに変わった」元妻を刺殺…殺人罪で起訴

兵庫県警察本部

 起訴状などによると、森本容疑者は昨年10月15日午後8時20分頃、尼崎市昭和通のマンション駐輪場で、元妻の医療系事務員森本 彩加さやか さん(当時28歳)の左わきなどを包丁で複数回刺し、失血死させるなどしたとしている。

 森本容疑者は県警の調べに「復縁を求めていたが、聞き入れてもらえず、憎しみに変わっていった」などと供述していたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事