文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

午前6時から24時間勤務、立ったまま眠ることも…人気洋菓子店の違法な長時間労働

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 人気洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」(兵庫県三田市)の運営会社で違法な長時間労働が行われていた問題で、伊丹労働基準監督署は21日、法人としての同社と幹部2人を労働基準法違反容疑で神戸地検に書類送検した。1か月の時間外・休日労働は最長の社員で342時間に達し、勤務記録に社員の労働時間を過少に記載していた疑いもあるという。同社は2度の是正勧告を受けながら従わず、同署は「法違反を繰り返し、悪質」と刑事責任を問う必要があると判断した。

午前6時から24時間勤務、立ったまま眠ることも…人気洋菓子店の違法な長時間労働

「パティシエ エス コヤマ」の店舗(21日、兵庫県三田市で)=前田尚紀撮影

 幹部は、運営会社「パティシエエスコヤマ」の製造部長(36)と経営サポート本部次長(現・管理本部長)(40)。発表では、同社と2人は2021年1月16日~2月15日、製造部門の社員11人について、時間外・休日労働の法定上限(月100時間)を超えて働かせるなどした疑い。2人は労働時間を管理する立場にあったという。同署は認否を明らかにしていない。

 11人はロールケーキやアップルパイなどの製造を担当。いずれも月100時間を大幅に超える時間外・休日労働を行い、最長の社員で342時間。1日の最長労働時間は19時間30分に及んでいた。

 同社は18年1月15日と21年1月14日の2回、社員に100時間超の時間外労働をさせていたとして同署から是正勧告を受けていた。しかし、2度目の勧告を受けた時期はバレンタインを控えた繁忙期で、対応できずに長時間労働を続けたとみられる。

 関係者によると、同社が保管していた勤務記録には、実際と異なる労働時間が書かれていた。労働時間を過少に記録したり、あらかじめ定めた時間を超える労働を除外したりする手法で、虚偽記載していた疑いがあるという。

 同社は、1990年代にテレビのコンテスト番組で活躍した代表取締役の小山進氏(57)が設立。社員約100人で、2020年8月期の売上高は約18億6000万円に上る。看板商品はロールケーキ「小山ロール」で、小山氏は世界的なチョコレートの品評会で最高位に輝いたこともある。

 同署は、小山氏が労働実態を把握していたかどうかについて「今後の捜査に影響するのでコメントは差し控える」としている。

 同社は21日、ホームページに「今回の事態を厳粛に受け止め、労働環境の改善に取り組む」とのコメントを掲載。昨年11月に同署に是正報告書を提出し、時間外・休日労働に伴う未払い賃金について「確認が取れていない1名を除き、支払いを完了した」としている。

 ◆ 時間外・休日労働 =労働基準法で定められた「1日8時間、週40時間」を超えた労働。労使協定(36協定)を締結し、特別条項に合意した場合、年6か月以内に限り「月100時間未満」まで延長できる。ただし、年720時間を超えてはならない。厚生労働省は、脳や心臓の病気で過労死として労災認定される目安を「発症前1か月に時間外労働がおおむね100時間」としており、「過労死ライン」と呼ばれる。

「正常な判断ができなくなっていた」

 「2度目の是正勧告後、バレンタイン商戦が目の前に迫り、人手を増やすこともなく、漫然と長時間労働を続けていた」。10年以上同社に勤めている現役社員は、読売新聞の取材にそう証言する。

 この社員によると、同社では早朝から深夜に及ぶ長時間労働や上司の過度に厳しい指導で、心身の調子を崩し、退社する社員が後を絶たなかったという。それでも「職人の世界で、『一人前になるには指導と時間が必要』という考えが強い幹部が多い」と打ち明ける。

 同社の違法な長時間労働は昨年11月、読売新聞の報道で発覚した。社員は、代表でオーナーパティシエの小山氏について「職人として一流で、尊敬している」としながら「社内では誰も声を上げられなかった。報道後、少しずつ雰囲気が変わっている。今回のことが会社が生まれ変わるきっかけになってほしい」と話す。

 10年ほど前に退社した30歳代の女性は「膨大な作業をこなすことで精いっぱいで、正常な判断ができなくなっていた」と振り返る。

 日付が変わるまで仕事をすることは珍しくなく、午前6時から翌日の午前6時まで働き続けたことも。仕事中に立ったまま眠ることもあり、入社数年後に体調を崩して退社したという。女性は「報道で当時と何も変わっていないことを知ってショックだった。コヤマのお菓子は今でも大好き。若いパティシエが働き続けられる会社になってほしい」と話した。

 違法な長時間労働は、食料品製造業で目立っている。厚生労働省によると、2019年の全国の労働基準監督署が実施した定期監督で、労働時間の違反が判明した事業者の割合は食料品製造業で31・7%に上り、全業種平均(22・4%)を10ポイント近く上回った。

 大手洋菓子会社の労働組合関係者は「洋菓子業界では徒弟制度が色濃く残り、労働時間への意識が低い。技能がある特定の職人に負担が偏る傾向がある。『やりがい』に甘えるのではなく、業界として意識を変えていくべきだ」と指摘した。

  常見陽平・千葉商科大准教授(労働社会学)の話 「人員や設備が充実している大企業に対し、特定の人に仕事が偏りがちな中小企業では働き方改革が進んでいないところもある。人員を増やせなければ、仕事量を減らすしかない。顧客は商品の質だけでなく、その背景にある企業の労働環境にも敏感になっている。問題がある働き方はブランド価値を傷付けるということを経営者は意識するべきだ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事