文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

米が北朝鮮にワクチン6000万回分の提供を打診…北大使「ファイザー製かモデルナ製か」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
米が北朝鮮にワクチン6000万回分の提供を打診…北大使「ファイザー製かモデルナ製か」

北朝鮮の金星国連大使

 【ソウル=上杉洋司】韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は21日、米国が国連を通じ、北朝鮮に新型コロナウイルスワクチン6000万回分の提供を打診していたことを明らかにした。

 韓国の聯合ニュースなどによると、国連関係者が昨年12月、北朝鮮の 金星キムソン 国連大使に接触した。金大使は、提供されるワクチンが「米ファイザー製か、米モデルナ製か」と関心を示し、「 平壌ピョンヤン に報告する」と述べたが、回答はまだないという。

 北朝鮮は昨年、ワクチンを共同購入・分配する国際的枠組み「COVAX(コバックス)」から中国製ワクチンなどを割り当てられたが、受け取りを拒否していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事