文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「今月の3連休が感染拡大要因」と専門家…20歳前後の人が帰省・会食、親や祖父母にも感染

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の影響で兵庫県但馬地域でも感染者数が急増している。20日夕現在、今月に入って新規感染者数は195人。感染の傾向や地域医療の状況はどうなのか。豊岡健康福祉事務所の柳尚夫所長が現状について説明した。(聞き手・熊谷暢聡)

 但馬地域の現在の感染状況は――。

「今月の3連休が感染拡大要因」と専門家…20歳前後の人が帰省・会食、親や祖父母にも感染

但馬地域の感染状況などについて説明する柳所長(豊岡市で)

 正月明けに最初のオミクロン株が確認され、今月上旬の3連休が感染拡大の要因となった。20歳前後の人が帰省した友人らと飲食するなどして感染し、親や祖父母らに広がったとみられる。家庭内感染が中心で、子どもが感染するケースも増え、豊岡管内だけで約140人が自宅で療養している。

 オミクロン株の特徴は――。

 デルタ株と異なり、発熱してもすぐに下がる傾向にある。接触から発症までの期間も、多くの場合が2~3日。基礎疾患を持つ人らが重症化する可能性はあるが、多くは軽症だ。

 医療機関の状況は――。

 入院が必要な患者は、重症度に応じて三つの医療機関で受け入れているが、病床が 逼迫ひっぱく しているという状況ではない。中等症で入院中なのは20日現在で1人だ。

 今後の見通しと感染防止策は――。

 オミクロン株は上気道で増殖する性質があり、手洗いやマスクに加え、うがいも有効だろう。感染を不安がり、自宅に閉じこもるなどする方が心身のマイナスが大きい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事