文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

濃厚接触者への連絡は「感染者本人に依頼」…市「保健所調査、感染拡大の速さについていけず」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、札幌市の秋元克広市長は20日、これまで市保健所が行っていた濃厚接触者の調査を同居家族などに限定し、他の接触者への連絡は感染者本人に依頼する方式に切り替えると発表した。市は保健所に応援職員を派遣して体制を増強しているが、業務負担がさらに増えると想定されることから、新規感染者の入院判定や自宅療養者の健康観察などに保健所の業務を重点化する。

濃厚接触者への連絡は「感染者本人に依頼」…市「保健所調査、感染拡大の速さについていけず」

札幌市役所

 従来は、保健所が感染者に2週間前までの行動歴を聞き取って濃厚接触者の調査をしていたが、感染の可能性のある接触者や勤務先への連絡は今後、感染者本人に依頼する。連絡を受けた接触者には、濃厚接触者に該当するかどうかを自身で確認し、感染の可能性がある場合は10日間の健康観察を自ら行うよう求める。

 秋元市長は臨時記者会見で、「聞き取りをじっくりしていたのでは感染拡大のスピードについていけない」と述べ、理解を求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事