文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

 読売新聞の人気連載「医療ルネサンス」の記事を読むことができます。

医療ルネサンス

ALSになった医師<1>再び人のために生きる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 かつては、寝たきりの患者の自宅を訪ねて診療し、温かい笑顔で寄り添っていた。千葉県八千代市の医師、太田守武さん(50)は、42歳の時に全身の筋肉が衰えていく難病「筋 萎縮いしゅく 性側索硬化症」(ALS)と診断され、今は自身が訪問診療を受けている。

ALSになった医師<1>再び人のために生きる

ALSになる前、研修医として働いていた頃の太田さん(2006年)=本人提供

 ALSは、体を動かすための神経が徐々に壊れ、全身の筋肉が萎縮する病気。進行すると呼吸するための筋肉も働かなくなり、人工呼吸器が必要になる。

 太田さんは、早稲田大学大学院で義足を研究していた。その頃、母親が運営する障害者施設の利用者から「福祉に詳しい医者がいてくれたらいいのに」と言われ、医師を志した。塾講師を経て、医学部に入学し、34歳で医師になった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事