文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田村専門委員の「まるごと医療」

医療・健康・介護のコラム

公立病院改革プラン「第3弾」策定へ コロナ禍を経て役割再認識 機能分化と連携強化を図る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

総務省が「経営強化」へガイドライン

公立病院改革プラン「第3弾」策定へ コロナ禍を経て役割再認識 機能分化と連携強化を図る

イメージ

 コロナ禍における患者の受け入れ対応によって、地域医療における役割が再認識されている公立病院の今後のあり方が注目されている。全国の公立病院でつくる全国自治体病院協議会(全自病)の小熊豊会長は1月13日、東京都内で開いた定例の記者会見で、総務省の検討会が策定を進めている公立病院改革の新たな指針を踏まえ、公立病院同士の役割分担と連携の強化を一層進めていく必要があることを強調した。

「持続可能な地域医療提供体制を確保するための公立病院経営強化に関する検討会」

 総務省は2021年10月、「持続可能な地域医療提供体制を確保するための公立病院経営強化に関する検討会」を発足させ、12月に新たな指針の「方向性」について公表した。

 公立病院改革はこれまで、その赤字体質の改善などを目指して、2007年度の「公立病院改革ガイドライン」、14年度の「新公立病院改革ガイドライン」に基づき、再編・統合や独立行政法人化などが進められてきた。

 今回は、言わば「第3弾」の改革への取り組みとなる。近く示される指針に基づき、22年度または23年度中に、地方公共団体に「公立病院経営強化プラン」を策定することを求めている。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tamura-yoshihiko_profile

田村 良彦(たむら・よしひこ)

 読売新聞東京本社メディア局専門委員。1986年早稲田大学政治経済学部卒、同年読売新聞東京本社入社。97年から編集局医療情報室(現・医療部)で連載「医療ルネサンス」「病院の実力」などを担当。西部本社社会部次長兼編集委員、東京本社編集委員(医療部)などを経て2019年6月から現職。

田村専門委員の「まるごと医療」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事