文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

安心して受けて…共通テスト会場、消毒入念に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 2年目を迎える大学入学共通テストが15、16日、全国677会場で実施される。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染が急拡大する中、会場となる大学などでは、本番に向けて感染防止対策の徹底に追われた。

安心して受けて…共通テスト会場、消毒入念に

試験会場で机や椅子の消毒作業を行う業者(14日、東京都千代田区の上智大学で)=高橋美帆撮影

 約870人の試験会場となる上智大四谷キャンパス(東京)では14日、建物の清掃を委託されている業者らが教室の机や椅子を消毒液で入念に拭いたり、トイレ前の床に受験生が間隔を空けて並ぶ目印となるテープを貼ったりした。

 上智大入試実施本部の西沢茂本部長は「感染が急拡大しているが、感染防止対策を整え、安心して受けてもらいたい」と話していた。

 大学入試センターによると、志願者数は前年度より4878人減の53万367人。共通テストを利用する大学・短大・専門職大学は864校に上る。15日は地理歴史・公民、国語、外国語、16日は理科と数学が行われる。

          ◇

 大学入学共通テストの問題と正解は、紙面で紹介できない科目を含め、読売新聞オンライン( https://www.yomiuri.co.jp/nyushi/ )で速報します。「読売新聞 大学入試」で検索できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事