文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

エチオピア政府がテドロス氏に猛反発…「政治的利益に事務局長の立場を利用」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ヨハネスブルク=深沢亮爾】エチオピア政府は13日、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長が北部ティグレ州の医薬品不足を記者会見で訴えたことについて、「テドロス氏は個人の政治的利益のために事務局長の立場を利用した」と強く反発する声明を発表した。同州での医薬品が滞っているのは、政府軍と内戦を続けるティグレ人勢力側が輸送トラックの軍事転用を続けることに責任があると主張した。

エチオピア政府がテドロス氏に猛反発…「政治的利益に事務局長の立場を利用」

WHOのテドロス事務局長

 エチオピア出身のテドロス氏は、ティグレ人勢力の中核である「ティグレ人民解放戦線(TPLF)」主導の旧政権で保健相と外相を歴任した。政府は声明で、「TPLFが隣接州に侵攻し、住民を殺害した時には(WHOは)沈黙していた」と批判した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事