文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

県認証カラオケボックスで18人感染のクラスター…施設側、マスクなし・長時間利用も黙認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 山梨県は13日、新型コロナウイルス対策のお墨付き「グリーン・ゾーン認証」を受けた富士・東部地域のカラオケボックスで、利用者18人が感染するクラスター(感染集団)が発生したと発表した。

県認証カラオケボックスで18人感染のクラスター…施設側、マスクなし・長時間利用も黙認

山梨県庁

 県によると、9日夜から10日未明にかけて複数のグループによる利用があり、グループ間の接触もあったという。県はこの時間帯に同施設を利用していた70人の検査を順次行う。同施設では上限の2時間を超えた利用や、マスクを着用しない利用者を黙認するといった不備があったという。

 県は同施設に対し、運用の改善を促す。再び同様の感染事例が発生した場合には、認証の取り消しと施設名の公表を検討する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事