文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ワクチン拒否者に「保健税」…カナダ・ケベック州が検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ニューヨーク=寺口亮一】カナダのケベック州政府は11日、新型コロナウイルスのワクチン接種を拒む成人の住民を対象に「保健税」を課すことを検討していると明らかにした。

ワクチン拒否者に「保健税」…カナダ・ケベック州が検討

コロナウイルスの感染拡大で店が閉まったケベック州モントリオールのショッピングモール(1月2日)=AP

 同州では新規感染者の急増で医療機関の受け入れ態勢が 逼迫ひっぱく しており、接種を促して医療現場の負担軽減を図る狙いだ。ただし未接種者に事実上の「罰金」を科す措置で、接種に慎重な住民の反発を招きそうだ。

 同州のフランソワ・ルゴー首相は11日の記者会見で、「コロナとの闘いでは、ワクチンがカギだ」と述べ、新たな課税措置に理解を求めた。医療上の理由で接種できない場合は免除する。

 今後、詳細を詰めるが、課税額は100カナダ・ドル(約9200円)超を想定しているという。

 同国では新たな変異株「オミクロン株」を中心に感染が再拡大。オンタリオ州に次いで人口が多いケベック州は11日、約8700人の新規感染が報告された。

 公共放送CBCによると、同州では未接種の人の割合は対象者の1割ほどだが、入院患者の約半数を占める。入院者数の増加に対応するため、不急の手術を延期している病院もあるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事