文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

新型コロナ 検査の2年<1>1例目 陽性判定に26時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
検査の準備をする松山さん(本人提供)  「まさか、こんなに早くウイルスが来るとは」  2020年1月14日からの26時間。国内初の新型コロナウイルスの「陽性」判定は長い闘いとなった。当時、国立感染症研究所ウイルス第3部の室長だった松山 州徳(しゅうとく) (51)は、未知のウイルスのPCR検査に取り組んだあの日を振り返った。  今や、新型コロナの検査の代名詞となったPCR検査は、生物のDNAなど遺…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事