文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

北九州市の成人式、集まった2600人のうち1200人は会場に入らず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、予定通り9日に行われた北九州市の成人式。式典会場となった北九州メディアドーム(小倉北区)前の三萩野公園には、きらびやかな振り袖や羽織、スーツ姿で談笑する新成人たちが集まった。

北九州市の成人式、集まった2600人のうち1200人は会場に入らず

密を避けるため前後左右に間隔を空けて座席が設けられた式典会場

 高校時代の同級生と久しぶりに顔を合わせたという門司区の介護施設職員の男性(20)は、「行こうか行くまいか迷ったが、一度きりの式なので来て良かった」と話した。職場では利用者に笑顔で体操指導をしているといい、「楽しい社会人を目指したい」と語った。

 式典で北橋健治市長は「北九州に対する愛着と誇りを持ち、北九州の発展のため一緒に頑張っていきましょう」と呼びかけた。新成人を代表して謝辞を述べた西南学院大2年の女性(20)は、教育研究者になる夢を語るとともに、新型コロナ対策についても触れ、「新成人も大人の自覚を持ち、『感染しない』『感染させない』意識を持つことが大切」と語った。

 市によると、今年度の成人式の対象者は9572人(昨年12月1日現在)。式典会場に集まった約2600人のうち、着席したのは約1400人で、残りは会場に入らず外で再会を喜び合っていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事