文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

なかさとみ「吉本芸人 卵子提供で2人のママに」

医療・健康・介護のコラム

娘に精子提供を告知 普段の会話でも自然と話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

小さい頃から出自を知れば、自分を「かわいそう」とは思わない

 小さい頃から告知を受けているお子さんの場合、ある程度大きくなると、日常会話のなかでドナーのことを口にする子もいます。このようなことは日常の一幕という当事者家族もいますので、そんな子供たちの気持ちを素直に尊重してお読みいただけるとありがたいです。

 小さい頃から自分の出自を知っている子供の場合、自分で自分のことをかわいそうだと思っている子供はほとんどいません。こちらについては、大人たちの一方的なイメージが非常に強いことを感じます。その夫婦が決めた精子、卵子提供が正解だったかそうでないかは、「生まれてきた子供たち」にしか決めることはできません。

告知する日が待ち遠しかった私

 私は卵子提供を決めた時に、告知することも決めていました。残念ながら私は50歳になった今も複雑性PTSDのトラウマと闘っています。血のつながった親から適切な親子関係を構築してもらえなかったことでずいぶん長い間、苦しんできました。

 卵子提供を決めた時にアイデンティティークライシスになった方々の手記を読んだのですが、クライシスになった方の心の苦しみを知り、どうしても自分と重ね合わせずにはいられませんでした。

 「告知は絶対にしよう!」と、これから生まれてくるであろう子供のために告知することを前提にドナーを選びました。子供たちが理解できる年齢になるまでは毎年、お誕生日に告知をしています。2歳の誕生日から告知を始めました。「あなたが生まれてきたすてきな日、みんなから愛されて生まれてきたんだよ」。そのことを早く子供たちに伝えたくて、むしろ私は、告知する日が待ち遠しかったくらいです。

 告知する日は子供たちの誕生日でもありますので、毎年思い出に残るような素敵な一日にしよう!と夫と張り切って準備をしています。私たち夫婦の親も親戚も、子供たちが卵子提供で生まれたことを知っています。ありがたいことに、みんなからとてもかわいがられています。自分の生育環境からも、子育ては決して血のつながりだけではなく「どうやって育てるか?」、こちらの方がよっぽど大切だと感じながら子供を育てています。

誤解されている当事者の人物像

 卵子、精子提供は、一部の当事者のイメージがいまだに根強く拡散されていると感じます。卵子提供と言うと、どんな手を使っても子供を得ようとする強欲な高齢女性と勝手にイメージされ、ドナーについてはビジネスとして搾取されている若い女性とされているものがまだ根強く残っている印象があります。

 たくさんのご相談を受けて感じるのは、当たり前ですが「いろんな人」がいるということです。最初から意識の高いご夫婦もいれば、そうでないご夫婦もいます。早発閉経などの20代や30代の若いご夫婦も含めますと、全体の半数以上のご夫婦は普通に暮らしている方たちです。「卵子提供で子供を持つとは、こういうことなんですよ」と時間をかけて詳しくお話しすると、ほとんどのご夫婦が理解を示してくださいます。

 ですから表に出ている一部の当事者だけで、全体を決めつけるのは違うと思うのです。この「決めつけられたイメージ」を変えていくには、表に出てこない一生懸命に生きている当事者が声を上げていくことだと私は思います。10年後、20年後には卵子提供で生まれた子供たちが自分たちのことを伝えるために自ら、声を上げ始めるのではないかと思っています。

2 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

nakasatomi_prof_ver2

なか さとみ

 1971年生まれ。吉本興業所属芸人。2015年より不妊治療をしたが妊娠に至らず。卵子提供で2人の子どもを出産。19年1月10日、日本で初となる当事者による卵子提供自助グループ「アン・ネフェ」を発足。自身の経験をもとに発足以来、延べ200人以上の相談を受けている。

なかさとみ「吉本芸人 卵子提供で2人のママに」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事