文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

医療・健康・介護のコラム

がん診断後が人生で一番楽しかったと言う患者…病気だと「健康」ではないのですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
がん診断後が人生で一番楽しかったと言う患者…病気だと 「健康」ではないのですか?

イラスト:さかいゆは

 このお正月、初詣で、あるいは、新年を迎えるとともに、何か願いごとをされたでしょうか。

 「家族が皆、健康でありますように」と願った方も多いと思います。お正月でなくとも、常日頃、誰もが願っているのが「健康」ですね。

 では、「健康」とは何でしょうか? 「病気でないこと」という答えが多そうですが、そうだとしたら、「病気」とは何でしょうか。「健康が正常で、病気が異常」というイメージがありますが、そもそも、正常と異常の境目はあいまいで、簡単に区別できるものではありません。

「健康と病気」「正常と異常」 二つに分けるのは窮屈

 病気と言っても、いろいろあります。風邪を引いたり、花粉症に悩まされたり、腰痛がつらかったり。程度もいろいろですし、日によって調子が良かったり悪かったりしますので、どこまでが「健康」で、どこまでが「病気」か、線引きするのは難しいものです。

 がんという病気があると、健康ではないと考えられがちですが、「がんと診断されたけど何も症状がない状態」は、病気と健康のどちらでしょうか。現在、がん患者になっていない人たちの多くは、「体のどこかにがん細胞があるけど診断はされていない状態」にあるわけですが、それでも健康と言えるでしょうか。

 この質問が、「がん」ではなく、「動脈硬化」だったらどうでしょうか。がんや動脈硬化は、年齢を重ねれば誰にも訪れる老化現象のようなものです。では、老化は病気なのでしょうか。年を取るとともに、健康は失われていくものなのでしょうか。

 ヘンな問いかけを重ねてしまいましたが、私が言いたいのは、健康と病気、正常と異常、というふうに二つに分けて考えるのは、なんだか窮屈だということです。

 「異常を指摘され、病気というレッテルを貼られたら、健康でいられる権利が奪われてしまう」という恐怖心から、「異常値は正常に近づけなければいけない」「病気は治さなければいけない」と思い込むようになり、その結果、異常値が続いたり、根治の難しい慢性的な病気になったりした場合に、どうしようもなく絶望的な気持ちになってしまいます。この窮屈な「健康」のイメージから自由になることができたらいいのに、と思うことがよくあります。

「健康とは、幸せであるかどうかで決まる」

 世界保健機関(WHO)は、健康について「単に病気でないとか、虚弱でないだけでなく、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態である」と定義しています。これこそが完璧な「健康」だという内容です。「究極の目標」としては素晴らしいものですが、この定義だと、「私は健康だなあ」としみじみ感じるのが、さらに難しくなりますね。

 健康の定義で、私が最もしっくりくる説明をしてくれたのは、米国の医師パッチ・アダムスです。パッチのエピソードは、1998年に映画化もされているのでご存じの方も多いと思います。

 パッチは、「健康とは、幸せであるかどうかで決まる(Health is based on happiness.)」と言っています。「病気があっても、その人が幸せであれば、健康だと言える。病気があるかどうかに関係なく、誰もが幸せになることができるし、それが本当の意味での健康だ」と、パッチは説明します。

 がんなど、治らない病気と向き合っていても、けっして健康になる権利を奪われてしまうわけではありません。がんとともに生きながら、幸せを目指すことで、健康を手に入れることができます。たとえ病気を治せないとしても、医療によって、人の幸せを支えることはできるのであって、それは、病気を治すこと以上に重要なことであり、医療の本質です。健康を、「病気ではないこと」と定義して、それを目指すのが医療の役割だとしてしまうと、どうしても、医療には限界があるという話になってしまいます。人を幸せにするというのは、病気を治すこと以上に難しいことかもしれませんが、その方向性であれば、医療には、無限の可能性があるように思います。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takano_toshimi_120-120

高野 利実 (たかの・としみ)

 がん研有明病院 院長補佐・乳腺内科部長
 1972年東京生まれ。98年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、同大附属病院や国立がんセンター中央病院などで経験を積んだ。2005年、東京共済病院に腫瘍内科を開設。08年、帝京大学医学部附属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。10年、虎の門病院臨床腫瘍科に部長として赴任し、3つ目の「腫瘍内科」を立ち上げた。この間、様々ながんの診療や臨床研究に取り組むとともに、多くの腫瘍内科医を育成した。20年、がん研有明病院に乳腺内科部長として赴任し、21年には院長補佐となり、新たなチャレンジを続けている。西日本がん研究機構(WJOG)乳腺委員長も務め、乳がんに関する全国規模の臨床試験や医師主導治験に取り組んでいる。著書に、かつてのヨミドクターの連載「がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~」をまとめた、「がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う『HBM』のすすめ―」(きずな出版)がある。

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」の一覧を見る

最新記事