文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

コロナが変える現場<3>分娩監視装置で母体管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 トク、トク、トク――。妊婦が横になり、ハート形の二つの機器をベルトで腹部に固定すると、胎児の心音が聞こえ始めた。タブレット端末で専用アプリを開くと、計測を始めたことを知らせるメールが担当医に届き、胎児の心拍数と子宮収縮の程度がグラフとなって共有される。

コロナが変える現場<3>分娩監視装置で母体管理

専用の装置をおなかにつけ、胎児の心拍数や子宮の収縮の様子を確認する女性(千葉県鴨川市で)

 亀田総合病院(千葉県鴨川市)で昨年11月、第2子の長女を出産した女性(32)は当初、妊婦健診のたびに、約30キロ離れた千葉県館山市の自宅から1時間、自ら車を運転して通院していた。「身重での移動は負担が大きく、コロナ禍で感染の不安もあった」という。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事