文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田村専門委員の「まるごと医療」

医療・健康・介護のコラム

コロナ禍で働く人の不安・イライラは改善傾向も、身体の不調は悪化の傾向 目立つ女性や若者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

頭痛や胃腸の不調など体の不調の訴え増加

コロナ禍で働く人の不安・イライラは改善傾向も、身体症状の不調訴え続く 女性や若者で特に悪化

「新型コロナウイルス感染症に関わる全国労働者オンライン調査(E-COCO-J)」(東京大学医学系研究科精神保健学分野)より

 それによると、精神健康の状態は全体的に第2波の流行があった20年8月の調査時点で一時的な悪化が認められ、その後は横ばいの傾向にあった。抑うつ感は横ばい、不安感やイライラ感は改善の傾向にあった。

コロナ禍で働く人の不安・イライラは改善傾向も、身体症状の不調訴え続く 女性や若者で特に悪化

「新型コロナウイルス感染症に関わる全国労働者オンライン調査(E-COCO-J)」(東京大学医学系研究科精神保健学分野)より

 一方、身体的な不調の訴え(めまい、節々の痛み、頭痛、首・肩こり、腰痛、目の疲れ、動悸(どうき)・息切れ、胃腸の不調、食欲低下、便秘・下痢、不眠の11項目)は、新型コロナの流行開始以降、悪化している傾向がみられた。

第5波収束で女性に改善の傾向も

 男女別にみると、女性は男性よりも、活気の喪失やイライラ感、疲労感、身体の不調の訴えがコロナ前から悪く、流行開始以降も悪い状態が続いている。ただ、第5波が落ち着いた21年10月時点の調査では、女性は不安感の大幅な改善などもみられ、女性は社会的な状況の変化の影響を受けやすい可能性もあるとして、今後の詳しい検討が必要としている。

 年代別では、40、50歳代に比べ、20、30歳代の若い年代で悪い時点が多くなっている。特に身体の不調の訴えで、流行に伴って世代間の格差が拡大していく傾向がみられた。

 産業医で、研究チームの同分野博士課程の佐々木那津さんは、「新型コロナの流行は、女性や若年者といった社会的な弱者に対してより強く影響を及ぼしている傾向がみられる。今後も調査を続け、長期的な影響に関する検討が必要だ」としている。(田村良彦 読売新聞専門委員)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tamura-yoshihiko_profile

田村 良彦(たむら・よしひこ)

 読売新聞東京本社メディア局専門委員。1986年早稲田大学政治経済学部卒、同年読売新聞東京本社入社。97年から編集局医療情報室(現・医療部)で連載「医療ルネサンス」「病院の実力」などを担当。西部本社社会部次長兼編集委員、東京本社編集委員(医療部)などを経て2019年6月から現職。

田村専門委員の「まるごと医療」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事