文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

目を細めたり、片方の目をつぶったり…子どもの弱視 早期発見して治療を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
教えて!ヨミドック

   3歳の息子が時々目を細めたり、片方の目をつぶったりするの。気になるわ。

  ヨミドック  心配なら、弱視のチェックをしてみてはどうですか?

   弱視?

   眼鏡をかけても視力が上がらない状態です。子どもの場合、原因は強い遠視や乱視、左右で見え方が違う「不同視」、斜視、先天性の白内障などがあります。

   視力って成長するにつれて良くなるんじゃないの?

   視力は3歳までに急速に発達し、6~8歳頃までに確立します。でも弱視と気づかれずにいると、視力が十分に発達しなくなります。

 小学生になる前に見つけて、矯正治療などを始めることが大切です。未就学児や小学生の子ども50人に1人は弱視だといわれています。

   「見つける」にはどうしたら?

   自治体の3歳児健診が一つのポイントです。まず自宅で保護者がC字形の「ランドルト環」を使い、片方の目ごとに、きちんと見えているかチェックします。その際、うまく見えていなかったり、気になる症状がある場合に、3歳児健診会場で、医師や保健師が再検査をします。

   健診前に、保護者がチェックするのね。

   ただ、自宅での検査が正確でなかったり、健診会場に眼科医や、専門的な検査のできる視能訓練士がいなかったりして、弱視が見逃されてしまうことがあります。

   困ったわね。

   健診に「屈折検査」を取り入れている自治体もあります。手で持てるサイズの特殊な機器を子どもが数秒見つめるだけで、目のピントが合う度数(屈折)を調べることができます。

 全市町村で屈折検査を導入している群馬県では、「要治療」の子どもの割合が2・2%(2019年)と、導入前の約20倍に増えました。検査の導入が全国に広がるといいですね。

   普段から注意できることは?

   イラストの表に該当項目が一つでもあったら、眼科を受診しましょう。3歳児健診後の精密検査をしていたり、視能訓練士がいたりする医療機関がお勧めです。

 (安藤奈々/取材協力=仁科幸子・国立成育医療研究センター眼科診療部長、佐藤美保・浜松医科大学病院眼科病院教授)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト、ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事