文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

東ちづる 山あり谷ありダイアリー

医療・健康・介護のコラム

「私を忘れないで」と泣く少女 紛争で傷ついた子どもたちの施設で…あの光景に突き動かされて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

大人の争いの犠牲に

「私を忘れないで」と泣く少女…紛争で傷ついた子どもたちの施設で あの日の光景に突き動かされて

「平和村」で暮らす子どもたち

 けがや病気の治療で、「痛いのやだな~」とおじけづく時、思い出す子どもたちがいます。「あの子たちも頑張ってるんだから! これしきのことでビビるんじゃない! がんばれ、アタシ!」と。

 それは、「ドイツ国際平和村(以下、平和村)」の子どもたちです。

 ご存じでしょうか? まずは、簡単に「平和村」をご紹介しますね。

 世界各地では、紛争が続いています。戦地で暮らす子どもたちは、銃で撃たれたり、空爆にあったり、地雷を踏んだり手にしたり、バーナーで焼かれたり、ナイフで切られたりして、重傷を負ったり、化学兵器で奇形や重病を患ったりと、むごい目に遭っています。いったん紛争が沈静しても、地雷や不発弾が埋まっているままだったり、不安定な政治や生活の困窮から病気やけがの治療ができなかったりと、さまざまな事情で、子どもたちが悲惨な目に遭っているのです。アフガニスタン、アンゴラ、グルジア、アルメニア、ルーマニア、ガザ、カンボジアなどの国や地域で生まれた、罪のない子どもたちです。

ドイツでリハビリ

 「平和村」は、1967年、市民の手で設立された民間団体で、ドイツ・オーバーハウゼン市にあります。紛争で傷ついた子どもたちをドイツに連れてきて、ヨーロッパの病院で手術入院をし、「平和村」でリハビリを。そして、日常生活ができるようになれば、母国に帰すという活動をしています。また、「全ての人々の平和な共生に誰もが寄与できる」ということを多くの人に示す、平和教育活動も行っています。それらの活動を支えているのは、寄付金です。

 「平和村」と私のお付き合いは、テレビ番組「世界ウルルン滞在記」(MBS系列)でリポーターとして訪れた1999年からです。河原剛ディレクターとスタッフ3人と私は、「平和村」の活動や子どもたちを通して知る世界の紛争に、大きな衝撃を受けました。それは、視聴者にも届き、高視聴率を重ね、日本からの寄付金も集まり、何度も取材、撮影、放映を繰り返すことになりました。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

azuma-chiduru_prof

東ちづる(あずま・ちづる)

俳優。 一般社団法人Get in touch 代表。 広島県出身。会社員生活を経て芸能界へ。ドラマ出演や司会、講演、出版など幅広く活躍。骨髄バンク支援等のボランティアを29年間続けている。2012年、アートや音楽、映像、舞台等を通じて、誰もが自分らしく生きられる“まぜこぜの社会”を目指す一般社団法人「 Get in touch」を設立。記録映画「私はワタシ~over the rainbow~」、演劇プロジェクト「月夜のからくりハウス」(ともに動画をVimeoで配信中)などの企画・プロデュースを手がけ、自らも出演している。『東京2020NIPPONフェスティバル』のひとつとして世界に配信される「MAZEKOZEアイランドツアー」(無料配信中)の総合構成・演出・総指揮を担当。著書に、母との葛藤を乗り越えるまでの体験を綴った『〈私〉はなぜカウンセリングを受けたのか~「いい人、やめた!」母と娘の挑戦』、エッセー集『らいふ』など。

東ちづる 山あり谷ありダイアリーの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事