文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

メディカルトリビューン

メディカルトリビューン

モデルナのブースター接種、オミクロン株に有効 中和抗体価が約37倍に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のオミクロン株について、ワクチンの有効性に関する新たなデータが示された。米・モデルナは12月20日、同社製のメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの3回目接種(ブースター接種)により、オミクロン株に対する中和抗体価が大幅に上昇したと発表した。ブースター接種で使用される50μgでは接種前と比べ約37倍、100μgでは約83倍の抗体価が得られたという。(関連記事:「 オミクロン株、再感染リスクに懸念 」)

「当面はブースター接種に注力」

モデルナのブースター接種、オミクロン株に有効 中和抗体価が約37倍に

※画像はイメージです

 モデルナでは次々に出現するSARS-CoV-2の変異株に対応するため、これまで継続的にブースター接種用のワクチン候補を検討してきた。今回報告されたのは、現在用いられているワクチンmRNA-1273(50μg/100μg)に加え、変異株に対する多価ワクチン候補mRNA-1273.211(50μg/100μg)とmRNA-1273.213(100μg)のブースター接種者20人から得られた血清データ。米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)ワクチン研究センターと米・デューク大学メディカルセンターが設置した研究室で、それぞれのワクチンのオミクロン株に対する中和抗体を評価した。

 検討の結果、ブースター接種後29日で、mRNA-1273の50μg群ではオミクロン株に対する幾何平均抗体価(GMT)が接種前の約37倍に当たる850に、同100μg群では約83倍に当たる2,228に上昇していた。また多価ワクチン候補でも、ブースター接種により50μgと100μgの両群でオミクロン株に特異的な中和抗体が高レベルに上昇した。副反応については、mRNA-1273の100μg群で安全性と忍容性が認められた。

 同社最高経営責任者(CEO)のStéphane Bancel氏は「将来的な必要性に鑑み、オミクロン株に特異的なブースター接種ワクチン候補の開発を臨床試験段階に進めたい」とコメント。一方、mRNA-1273による中和抗体価の高さやオミクロン株の感染力の強さなどを踏まえ、当面はmRNA-1273のブースター接種に注力するとしている。(平山茂樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

medical-tribune-logo

メディカルトリビューン
メディカルトリビューン はこちら

メディカルトリビューンの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事