文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

大橋博樹「かかりつけ医のお仕事~家族を診る専門医~」

医療・健康・介護のコラム

オミクロン株「水際対策は時間稼ぎ」 市中感染が始まったら行動のスイッチを切り替えて…五輪開会式聖火ランナー・大橋博樹医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

3回目のワクチン接種はできるだけ早く実施を

――オミクロン株の市中感染が大阪で確認されて、行政や医療側には今まさに対策が求められていますね。

 水際対策で時間稼ぎをしている間に、早く3回目のワクチン接種の準備を進めることが 重要です。特に介護が必要な人や寝たきりのお年寄りの方、医療や介護の従事者に、いかに早く3回目の接種をしてクラスターを起こさないようにするか。

 高齢者は感染すると入院が必要になることが多くて、今年2月の第3波の時は、多くの高齢者が感染して病床がすぐにいっぱいになってしまいました。もし、オミクロンの市中感染が広がり、高齢者が感染するようになると、第3波の巨大版になって、病床がすぐにパンパンになってしまう恐れがあります。冬場は急を要する脳 梗塞(こうそく) や心筋梗塞の患者さんも増えるので、病床の 逼迫(ひっぱく) には最大限気をつけなければいけません。

――今できることは、とにかく3回目のワクチン接種をできるだけ早くということですか。

 そうです。できるだけ早く3回目を終わらせておけば、次の波をある程度抑制できるかもしれません。夏の第5波はデルタ株で、爆発的に感染者が増えましたが、ワクチンを打っていた多くの高齢者は逃れることができました。ワクチンの在庫に限りがあって、接種券の発送には事務的にも時間がかかりますが、オミクロン対策として、行政は大急ぎでワクチン接種の計画を立てて、できるだけ早く接種できるようにする。私たち医療者は接種に全力を挙げて協力する。それと、オミクロン株の市中感染が広がるのは時間の問題ですから、その時のことを考えて、医療体制を考えておくのが今やるべきことです。

風邪やインフルエンザの患者は少ない

――ところで、この冬は風邪やインフルエンザの患者さんは増えていますか。

 少ないですね。いつも今の時期に多いウイルス性胃腸炎の患者さんは、例年よりも少ないながらいますが、インフルエンザは全く見ないです。インフルエンザは南半球から入ってくるんですが、飛行機はあまり飛んでいないし、南半球でも患者は少なかったようですから。それにマスクをして手洗い、手指消毒をちゃんとすることの効果でしょう。冬場は一番患者さんが多いのですが、2年前に比べて2割ぐらい減っています。お子さんも本当に少ない。これが新たな日常になるのかもしれません。

――新型コロナ対応では、地域として年末年始、どのような体制で臨むのですか。

 川崎市では3区の休日急患診療所で迅速抗原検査ができる体制を組んでいます。昨年は市内7区すべてで検査ができるようにしたのですが、今年は縮小した形です。人員の体制も昨年よりも少なくなっています。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20211222_ohashi-hiroki_profile

大橋博樹(おおはし・ひろき)

多摩ファミリークリニック院長、日本プライマリ・ケア連合学会副理事長。
1974年東京都中野区生まれ。獨協医大卒、武蔵野赤十字病院で臨床研修後、聖マリアンナ医大病院総合診療内科・救命救急センター、筑波大病院総合診療科、亀田総合病院家庭医診療科勤務の後、2006年、川崎市立多摩病院総合診療科医長。2010年、多摩ファミリークリニック開業。

大橋博樹「かかりつけ医のお仕事~家族を診る専門医~」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事