文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

滑らか白和え…和風を洋風に仕上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回は、和風になりがちな白 () えを洋風に仕上げた一品です。

 かむ、飲みこむ機能が低下した方のお食事を、食べやすくするポイントのひとつに、「まとまりやすさ」があります。例えば、私たちも“ゆで卵を刻んだものをそのまま食べるのは大変”ですが、マヨネーズと混ぜて「たまごサラダ」にすると、マヨネーズがつなぎとなって食べやすくなりますね。また、おすしの軍艦のネタのコーンサラダより、カニかまサラダの方が食べやすい、といったように、具材そのものの「軟らかさ」も大切です。

 今回は、白和えの衣を食材のまとめ役として使用しています。もちろん、和える具材も、かみやすい長さに切り、軟らかくゆでて食べやすさに配慮したレシピとなっています

 白和えの衣が緩すぎるとうまくまとまらないこともありますので、豆腐はしっかりと水気を切りましょう。

[作り方]

(1) チンゲンサイの茎は1cmの長さに切る。葉先の広いところは、縦に包丁を入れてから茎と同様に切る。沸騰した湯で茎と葉を軟らかくゆでる。ニンジンは3cm長さの千切りにして軟らかくゆでる。

(2) ゆで上がったらしっかりと水気を切っておく。

(3) 豆腐は、キッチンペーパーなどに包んでしっかりと水気を切る。ボウルに入れ、泡だて器を使用して、滑らかになるように混ぜる。(A)の材料を加えて、滑らかになるようにさらに混ぜ合わせる。

(4) 水気を切った(2)を加えてまとまるように混ぜ合わせる。器に盛り付けてできあがり。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事