文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

楢戸ひかる「シニアライフの羅針盤」

介護・シニア

健康体のときに医療保険を見直そう! トレンドは「先進医療」と「短い入院」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 アラフィフ世代は、人生という長いスパンで考えると、「健康体でいられる最後の時期」なのかもしれません。そこで、持病を抱えてしまう前に、一度、医療保険を見直ししてみようと思いつきました。持病があると、加入できる医療保険の選択肢は狭まるからです。

健康体のときに医療保険を見直そう! トレンドは「先進医療」と「短い入院」に

イラスト:平松昭子

医療保険に3つのトレンド

 まずは、「今、医療保険はどんなものが売れ筋ですか?」と、リサーチをすることにしました。マネーライターという仕事柄、保険会社の方と雑談する機会はあります。複数の保険会社の方から聞いた結果は、ザッとこんな感じでした。

●近年の医療保険のトレンドイメージ

  • 1)手術の保障がある
  • 2)1入院の支払限度日数を減らして、保険料を抑える
  • 3)先進医療特約をつける

(筆者作成)

 少し補足説明しましょう。1)の「手術の保障」は、医療保険の基本なので必須でしょう。2)の「1入院の支払限度日数を減らす」というのは、保険料を抑える工夫の一つです。下図は、厚生労働省の患者調査の抜粋ですが、年々、平均入院日数は短くなっています。そうであるなら、「1入院の支払限度日数をコンパクトにして、保険料を抑えたプランも選択肢の一つとして用意しよう」と、保険会社は考えるわけです。

●平均入院日数は年々短くなっている

健康体のときに医療保険を見直そう! トレンドは「先進医療」と「短い入院」に

(厚生労働省「平成29年患者調査の概況」より抜粋)

 また、3)「先進医療特約」とは、がん治療の選択肢である「陽子線治療」や「重粒子線治療」の保障として入る人が多い印象です。 過去のコラム にも書きましたが、陽子線治療は、高い精度でがん細胞を狙い撃ちできるので、正常な細胞に与えるダメージが少なく、体に優しい治療と言われています。厚生労働省が認めた「先進医療」ですが、先進医療にかかる費用は全額自己負担です。私が取材した施設では、陽子線治療の費用は約300万円で、その全額が本人負担となります。この高額な医療費のリスクヘッジの方法として、月100円程度の保険料で付保できる「先進医療」の特約をつけておく人が増えているのです。

 「1入院の支払限度日数」の設定は、調べた限りでは「30日限度」が最も短いようでした(2022年1月現在)。その条件の商品を販売している会社を調べ、「手術」と「入院」の保障、そして「先進医療特約」をつけて保険料を試算してもらいました。

●1入院の支払限度日数が30日の医療保険と保険料目安(月額)

メディケア生命
『新メディフィット (エース)
保険料:1580円
これまでの医療保険と比べ、保険料が手頃なので人気がある
三井住友海上あいおい生命
『新医療保険 (エース) プレミア』
保険料:2143円
入院や手術などの保障に、ニーズに合わせた保障をプラスできる

(筆者作成)

 52歳女性で試算。保険料払込期間:終身・月払い・日額:5000円・給付限度の型:30日型・先進医療特約付加

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

narato-hikaru_prof

楢戸 ひかる(ならと・ひかる)

マネーライター
 1969年生まれ。大手商社に勤務後、90年代よりマネー記事を執筆。「誰もが安心してお金のことを学ぶ場」である「お金のリビング」を主宰。その入り口として、「ザックリ家計簿」ワークショップをオンラインにて開講中。詳しくはホームページ「主婦er」で。
 お金の記事だけでなく、「家族」や「暮らし」についてもコンテンツ更新中。

過去コラムはこちら

40代から備えよう「老後のお金」

楢戸ひかる「シニアライフの羅針盤」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事