文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

産業医・夏目誠の「ストレスとの付き合い方」

医療・健康・介護のコラム

上司と円滑に関係が作れる人とストレスになる人…何が違うのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

俺はおやじとよく遊んだよ!

田上さん: おやじとの関係で言えば、仲が良い方だったと思うよ。よく遊んでもらった記憶がある。学生のころから居酒屋にも付き合ったよ。そこでおやじの仲間を紹介され、彼らの会話に時々参加した。そういう経験から、おやじ世代の人たちが何を思い、大事にしているかが多少わかるようになったかもしれないね。

遠藤さん: そうか、君は父親と仲が良かったんだ。それが上司や先輩との接し方にもいい影響が出ているのかなぁ。

田上さん: 自分では特に意識していなかったけど、遠藤の話を聞いていると、そういうことなのかもしれないと思うよ。

遠藤さん: そうか。過去は変わらないし、どうすればいいのか専門家にも相談してみるよ。

無意識に父親と上司を「置換」、別人と意識して行動

 このような経緯があり、彼は会社で実施したストレスチェックの「高ストレス者面談」に訪れました。

 彼から「上司との関係が難しいのは、父親とうまくいっていなかったことと関係がありますか」と問われました。そこで私は精神分析の創始者であるフロイドの「置き換え」という考え方について説明しました。

 「本人は意識していなくても、無意識の世界で『苦手な父』が『上司』に置き換わり、『置換』が生じる。そのために上司が苦手になることがある」。 その上で、「でも、実際には上司と父親は別人ですから、今までと違った態度を意識して上司と接してはどうでしょうか」と助言しました。

 精神分析というのは、ひとつの説明で、それが理解できたからと言って問題が改善するというわけにはいきません。しかし、事例のように上司や年長者とうまくいかない人は、無意識のうちに上司と苦手な父親とを混同していないかどうか検討すると対処のヒントにつながることがあります。

3 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsume02-prof

夏目誠(なつめ・まこと)

 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会元理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。新著は企業の人事や産業医向けの「職場不適応のサイン」ウェブ書籍「メンタル・キーワード療法~5分でできる簡易セラピー」。
夏目誠の公式ホームページ」「精神科医マコマコちゃんねる - YouTube

過去コラムはこちら

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

産業医・夏目誠の「ストレスとの付き合い方」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事