文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山中龍宏「子どもを守る」

医療・健康・介護のコラム

赤ちゃんで目立つ「大人が熱い飲み物をこぼす」…低い温度でも深いやけどに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

やけどで搬送の3割が0~4歳児

 1995年の兵庫県の3歳児健診のデータで、生まれてから3歳児健診までの間に医療機関にかかったり、電話などで相談したりした事故の経験人数を調べてみると、やけどは子ども1000人当たり125.7人となっていました。家庭で処置をした、あるいは処置の必要もなかったやけどをカウントすれば、「3人に1人は何らかのやけどをする」というのは現在でも正しいと思います。

 東京消防庁から発表されている「救急搬送データからみる日常生活事故の実態」のデータから「やけど」について見てみましょう。救急搬送された例ですので、重症度が高いやけどと考えていいと思います。

 これによると、2019年の1年間に1400人弱の人がやけどのために搬送されています。最近5年間の搬送数に大きな変化はありません。発生場所の76%は住宅等居住場所でした。5歳刻みの年齢層でやけどの搬送人員をみると、0~4歳(397人)、5~9歳(71人)、10~14歳(43人)、15~19歳(45人)、以降はどの年齢層でも100人以下でした。0~4歳が全体の約3割を占めており、この年齢層にやけどが多発していることがわかります。17年から19年の3年間のデータ(表1)をみると、毎年、ほぼ同じ数値が並んでいます。また、やけどを起こした要因のデータを見ても、要因の種類や数値に変化はみられません。これらのデータから、毎年、同じ年齢層の子どもに、同じ要因によるやけどが発生していることがわかります。

表1.やけどをした小児の救急搬送人員(人)

 2017年2018年2019年
0歳131103112
1歳178181176
2歳 59 54 52
3~5歳 84 89 74
6~12歳 89 77 89

東京消防庁「救急搬送データからみる日常生活事故の実態」

表2.やけどの発生が多かった要因のうち、第1位のものと、その救急搬送人員(人) 赤ちゃんで目立つ「大人が熱い飲み物をこぼす」…低い温度でも深いやけどに

東京消防庁「救急搬送データからみる日常生活事故の実態」

 表2から、やけどを起こした要因に、ポット・魔法瓶、熱湯、お茶・コーヒー、みそ汁・スープなどがあることがわかります。しかし、この情報だけでは、残念ながら予防を考えることができません。熱湯がどのような容器、あるいは製品に入れられ、どこに置かれ、乳幼児がどのようにアクセスし、どのような動きをして受傷したのか、それらの情報がないと予防を考えることができません。

 今回は、乳幼児にやけどが多発していること、やけどの発生頻度や要因に変化が見られないこと、すなわち、これからも乳幼児がやけどする可能性は非常に高いということをお話ししました。次回から、これらのやけどを予防するための具体的なお話をしたいと思います。(山中龍宏 緑園こどもクリニック院長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamanaka-tatsuhiro_prof

山中 龍宏(やまなか・たつひろ)

 小児科医歴45年。1985年9月、プールの排水口に吸い込まれた中学2年女児を看取みとったことから事故予防に取り組み始めた。現在、緑園こどもクリニック(横浜市泉区)院長。NPO法人Safe Kids Japan理事長。産業技術総合研究所人工知能研究センター外来研究員、キッズデザイン賞副審査委員長、内閣府教育・保育施設等における重大事故防止策を考える有識者会議委員も務める。

山中龍宏「子どもを守る」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事