文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

子供のスケボー事故が多発…保護者が1歳児を抱いて乗り、転倒して頭を骨折したケースも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 スケートボードで遊んでいる際に転倒するなどしてけがをする事故が相次いでおり、消費者庁が注意を呼びかけている。

子供のスケボー事故が多発…保護者が1歳児を抱いて乗り、転倒して頭を骨折したケースも

東京五輪スケートボード男子ストリートで金メダルを獲得した堀米雄斗

 医療機関を通じて同庁に寄せられた事故情報によると、2010~21年に起きたスケートボードやスケートボードに似た二輪遊具による事故は230件だった。このうち6~12歳が173件で全体の約75%に上った。

 骨折や打撲、擦過傷などが多いが、頭を強く打って脳に損傷が生じた事故もあった。37件で入院が必要だった。保護者が1歳の子供を抱いたままスケートボードに乗って転倒し、子供が投げ出され頭を骨折した事故もあった。

 同庁の担当者は「東京五輪でスケートボードが注目を集め、これから始める人も多くなると考えられる。ヘルメットやプロテクターを装着し、安全な場所で遊んでほしい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事