文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

がんのサポーティブケア

医療・健康・介護のコラム

骨転移でも車いすに移れる手段を考案 作業療法士としてがん患者を支える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

1日20分週5回 末期患者から人生についての話を聴く

――赴任して間もない頃は、何をやるかも手探りだったというわけですね。患者さんの思い出などありますか。

 赴任して2か月目に、乳腺外科から末期の乳がんの患者さんを紹介されました。40歳くらいの方で、趣味が編み物で、一緒に作業療法として行ってほしいという依頼でした。ところが、ご本人への初対面のあいさつで、あっさり断られてしまったのです。

――それで、どうしたのですか。

 何をしてほしいのかをご本人に尋ねたところ、「先生とお話がしたい」との答えが返ってきました。理由を聞くと、主治医は毎朝、回診に来てくれるけど話す時間はほとんどないし、看護師さんもナースコールをするとすぐ来てくれるけど、またすぐ別のところへ呼ばれてしまうので、とにかく話がしたいというのです。

 そこで、1日20分、週に5回、ベッドサイドを訪ねて話を聴くことになりました。お亡くなりになるまで、結局33回続きました。

――ひたすら患者さんの話に耳を傾けたというわけですか。

 話題は、もっぱらその方が歩んできた人生に関することでした。後から考えると、これは「回想法」といって、スピリチュアルケアの基本だったわけです。

 その経験をきっかけとして、「がん患者への作業療法の適応は何か?」と考えるのではなく、まず、患者さんに「何をしたいのか」を尋ねて、「その要望に自分の知識と技術で応えられるか?」と考えながら行動してきました。

2 / 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

supportive-care_120-120

がんのサポーティブケア

 がんやがん治療に伴う副作用が及ぼす痛みやつらさを和らげ、がんと闘う患者を支えるのが「がんのサポーティブケア(支持医療)」です。手術や放射線、薬物療法をはじめとする、がんを治すための医療と車の両輪の関係にあります。この連載では、がんに伴う痩せの悩みや、治療に伴う副作用、痛みや心のケアなど、がんのサポーティブケアが関わるテーマについて月替わりで専門家にインタビューし、研究の最前線や患者・家族らへのアドバイスについて伺います。

がんのサポーティブケアの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事