文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

アレルギー性鼻炎 完治せず

 26歳の孫娘はアレルギー性鼻炎です。子どもの頃から鼻水や鼻づまりに悩まされています。耳鼻科を受診して一時的に良くなってもなかなか完治せず、最近は、時々市販薬を服用しています。よい治療法はないですか。(85歳女性)

抗原となる物質を知る必要

大久保 公裕 日本医科大学耳鼻咽喉科教授(東京都文京区)

 アレルギー性鼻炎は、すぐ完治する病気ではありません。

 花粉などアレルギーの原因となる物質(抗原)が体内に入ると、異物と認識して排除しようと抗体を作ります。この働きが過剰に反応するのがアレルギーです。

 お孫さんが何にアレルギー反応を起こしているのか、抗原となる物質を知ることが必要です。症状が通年性なら、ダニ、カビ(真菌)、ペットなど。花粉ならスギ、ヒノキ、イネ科、ブタクサなどが考えられます。抗原がわかれば症状が出る時期も推測でき、悪化する前に治療を始められます。

 薬剤治療は対症療法です。最もひどい症状が鼻づまりなら、手術なども効果的です。鼻汁が多い場合、「後鼻神経切断術」という神経反射を抑制する手術があります。多くは内視鏡を使うので安全です。ただこれもアレルギー反応の解消にはなりません。

 根治的な治療を求めるなら、微量のアレルギー物質を体内に取り込んで慣らし、反応を抑える「アレルゲン免疫療法」という治療法しかありません。アレルギー物質を皮下注射するものや、舌下に含んで行う「舌下免疫療法」があります。舌下免疫療法は、医師の指導のもとで家庭でもできるので、通院は皮下注射より少ない回数ですみます。

 様々な治療方法をうまく組み合わせましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。