文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

白みそアクアパッツァ…魚を丸ごと煮込んだ豪快な料理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、おいしいお魚レシピ「白みそアクアパッツァ」のご紹介です。イタリアのナポリで生まれたアクアパッツァは、魚を丸ごと煮込んだ豪快な料理です。野菜と魚のうま味が塩で引き出され、さらにオリーブ油と交わることで、おいしさ抜群の料理です。食べ終わったあとの汁はパスタに絡めて食べると、これもまた絶品です。

 学校給食では丸ごと!というわけにはいきませんので、切り身の魚を使用しています。使い捨ての横長紙カップに、切り身の魚と材料を入れてオーブンで一気に焼き上げます。切り身で作るアクアパッツァでも、うま味がしっかりと出ます。ポイントは蓋です。フライパン用の蓋をすることで、蒸し焼きにされ、うま味スープが出てくるのです。蓋はホームセンターなどで売っていますので、ない方は探してみてください。

 さて、そんなうま味と水分が出やすい食材として、使われているのがシメジです。シメジには、おなかの調子を整える食物繊維、エネルギー代謝に関わるビタミンB2、ビタミンDのもととなるエルゴステロールが含まれています。ビタミンDはカルシウムやリンの吸収を促進し、丈夫な骨作りに役立ちます。うま味成分のあるアミノ酸が多く含まれているので、オリーブ油や魚のうま味と交わってさらにおいしくなります。隠し味の白みそを入れることで食べやすさがアップしていますので、ぜひ試してみてください。

[作り方]

(1) タラに薄力粉をまぶして、衣付けをしておく。アサリは事前に砂抜きをしておく。トマトはくし形切り、アスパラは4等分、シメジは小房にわける。

(2) フライパンを中火で加熱、オリーブ油を入れて(1)のタラを入れて、片面にキツネ色の焼き色を付けていく。魚をひっくり返したら、魚のまわりにアスパラとシメジとアサリを入れて、ヘラで軽くかき混ぜる。

(3) 魚の両面に焼き色が付いたら、トマトと調味料と水を入れて、蓋をする。強火で3~5分ほど加熱。蓋をあけて、食塩で味の調整をして完成。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事