文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

首相、オミクロン株対応に全力…所信表明演説で3回接種「前倒し」打ち出す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 岸田首相は6日午後の衆院本会議で、所信表明演説を行った。新型コロナウイルス対策に「細心かつ慎重に対応する」立場を堅持するとし、新たな変異株「オミクロン株」への対応に全力を挙げる考えを表明した。大型の経済対策に理解を求め、防衛力強化への決意も示した。

首相、オミクロン株対応に全力…所信表明演説で3回接種「前倒し」打ち出す

首相官邸に入る岸田首相(6日午前)=源幸正倫撮影

 首相は演説で、オミクロン株の感染拡大に触れ、「大事なのは最悪の事態を想定することだ」と改めて強調した。ワクチンの3回目接種では、オミクロン株への効果を見極めた上で、追加承認される米モデルナ製も活用し、「優先度に応じ、8か月を待たずに、できる限り前倒しする」と打ち出した。高齢者や人口が密集する大都市圏の住民らが念頭にある。

 次の感染症危機に備えるため、国産ワクチンや治療薬の開発、製造に5000億円規模の投資をする考えも表明した。ワクチンや治療薬の迅速な薬事承認を可能とする法整備を行う方針も示した。

 財政支出が55・7兆円となる経済対策では、「必要な財政支出はちゅうちょなく行い、万全を期す」と訴えた。経済社会活動の再開に向け、政府の観光支援策「Go To トラベル」などの準備を進めるとしつつ、「楽観的になることなく、慎重に状況を見極めなければならない」と指摘した。

 持論の「新しい資本主義」では、「成長も、分配も」実現するために施策の具体化を進めるとし、若者や子育て家庭の所得の大幅増に言及した。同じ問題意識を持つ主要国の首脳と世界的な議論をリードする意気込みも述べた。

 地方の活性化策としては、高速通信の基盤となる海底ケーブルが日本を周回する「デジタル田園都市スーパーハイウェー」を3年程度で完成させることを挙げた。

 安全保障では、自衛目的で敵のミサイル発射基地などを破壊する「敵基地攻撃能力」に言及し、「あらゆる選択肢を排除せず現実的に検討し、スピード感をもって防衛力を抜本的に強化する」と宣言した。新たな国家安全保障戦略、防衛計画の大綱、中期防衛力整備計画を「おおむね1年」で策定する方針も掲げた。

 憲法改正では、「国会議員には、憲法のあり方に真剣に向き合っていく責務がある」とし、国民の議論を喚起するよう呼びかけた。

 核軍縮では、「現実的な取り組みを進めていく」とし、米国など関係国と連携する姿勢を示した。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事