文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

1996年の米大統領選に出馬、ボブ・ドール氏死去…元共和党上院トップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ワシントン=田島大志】米国の元共和党上院トップで1996年の大統領選にも出馬したボブ・ドール氏が5日、死去した。98歳だった。遺族らが発表した。死因は明らかにされていないが、2月に肺がんと診断されたことを公表していた。

1996年の米大統領選に出馬、ボブ・ドール氏死去…元共和党上院トップ

ボブ・ドール氏(AP)

 下院議員を経て69年に上院議員に転身し、共和党の上院院内総務を10年以上にわたり務めた。3度目の挑戦となった96年の大統領選では本選まで進んだが、民主党の現職ビル・クリントン氏に敗れた。

 第2次大戦で陸軍に志願し、終戦直前のイタリア戦線で爆弾を肩に受けて重傷を負い、後遺症が残った。上院議員時代から親交のあるバイデン大統領は5日の声明で、「歴史上まれな政治家で、最も偉大な戦争の英雄だった」と悼んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事